個人的耽美論 in はてな

ようこそ我が城へ

KAMIJO Japan Tour 2016 “Aestheticism” Omen/札幌Cube Garden①

ポンジュース!(*・∀・*)ノ

 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160508230457j:image
 
今年もやって来ました
 
 
「KAMIJO Japan Tour 2016 “Aestheticism” Omen 」!( ´∀`)
 
札幌Cube Garden !!!
 
 
昨年7月以来兄貴来襲と言う事で!
 
久々に頑張って書きますよ!( ´∀`)
 
 
 
つーか!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
最近、過去記事がことごとく消えるという不可解な現象が起こりテンションダダ堕ち状態。
本っ当、下書き保存出来なかったり消えたり更新出来なかったり、まともなブログ管理してる所は無いんでしょうかね。努力が水の泡ですよ。
 
 
 
 
 
まあそんなこんなで今回も②回に分けますヽ(・∀・)ノ
長々と①つに纏めようとすると各種エラーを見舞われ書く気が失せてエンドレスニコラシカをする羽目になりますのでね。
 
 
 
 
 
 
 
今回は5月のライヴと言う事で気温もそれなりに過ごしやすい感じでしたが当日は異常な強風に見舞われ
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160508234121j:image
髪が特盛り
はい。
いつも感謝です、hair makeのHIDEさん(^-^)v
 
 
 
 
 
まず会場の説明はこちらで
ご確認頂き、サポートメンバーがころころ変わる兄貴の周辺を軽くご紹介。
 
 
 
 
 
☆Bass. 時雨
f:id:niichan-v:20160508235952j:image
 
Deshabillz,Canary,Gill'e cadith,カラス天狗、悪魔頭を経て、サポートベーシストとしてNostalgic Water Colorにて活動。 
uBuGoeを結成、2010年5月脱退後、第2期konig、chariots、Annie's Black、high-ballに参加、the FUZZなどを経て、ANGRAYSE、RHEDORIC、偽聖飢魔Ⅱ、などで活躍中。
 
 
 
 
 
☆Drums. 山本真央
f:id:niichan-v:20160509000153j:image
 
言わずと知れた伝説のバンド、BOW WOWのギタリスト、山本恭司氏のご子息。
サラブレッドとして色々と評価される苦しい立場の中バークレー音楽院に留学したり、編集や理論等では父を上回る程の能力を持つと言われている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
からの!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナビゲーター:Kaya 
f:id:niichan-v:20160511173024j:image
もはや説明不要、「KAMIJO」と言えば音速で浮かぶこの名前
耽美派の中でもダントツNo. 1の歌唱力と個人的には思っておりますが、さらにその多様性表現力は業界屈指。男にも女にもなりヴィジュアルも多種多様。
そしてこの度兄貴と同じCHATEAU AGENCY所属となり、ますます2人の関係性に注目が集まり兼ねません!( ´∀`)
 
 
 
という事で今回は生Kayaちゃんをみる機会!( 〃▽〃)♪
永らく兄貴と行動を共にし、耽美派の重鎮になりつつある彼(彼女?)の世界観に触れる事が出来るだけでも4500円の価値あり!(* ̄∇ ̄)ノ
 
( ´∀`)?
 
 
 
まぁ今回は時間もあったので真楼と共に先行物販の様子を伺い、幾つか入手して来ました(^^)b
 
f:id:niichan-v:20160509225112j:image
3000円以上お買上の方にもれなく握手会参加券!
今回撮影会ぢゃないのか!( ´△`)
とまぁ
さて何を入手したのでしょ~?( ̄ー ̄)
こちらは番組の最後で!
 
 
 
 
 
 
 
 
そして!
 
 
 
 
 
 
 
 
今回もセトリは後書きで!
 
このツアーの流れを見る限り、LAREINEやNEW SODMY、Versailles時代の曲はもうソロとしては殆どやらない模様。であればアルバム「Symphony of the Vampire」と「Heart」が軸になるのは間違いない。そしてちょいちょい「Royal Blood」からも入るやろ。うん。
 
昨年聞けなかったソロ曲を踏まえ、考えに考えに考えに考えた予想セトリはこちら!
 
 
ばばん!!
ー Setlist ー
1.Vive le Roi
2.Rose Croix
3.闇夜のライオン
4.Symphony of The Vampire 第一楽章「Presto」 
5.Symphony of The Vampire 第二楽章「Sacrifice of Allegro」
6.Symphony of The Vampire 第三楽章「Royal Tercet」
7.Symphony of The Vampire 第四楽章「Dying-Table」
8.Symphony of The Vampire 第五楽章「Sonata」
9.追憶のモナムール
10.Heart前半
11.Bastille
13.Heart後半
14.Romantique
16.Symphony of The Vampire 第六楽章「満月のアダージョ
17.Symphony of The Vampire 第七楽章「Throne」
 
アンコール
18.この世で一番美しい薔薇よ
19.Death Parade
20.Moulin Rouge
21.Royal Blood
 
 
これ、凄ない?(笑)
当たったやろこれ。マジで。
まぁ曲数はこんなにいかないでしょうけど。
昨年はVive le RoiからのPrestoで最高潮だったが、まさか同じ手では来るまい。だとしたらアルバム通りのRose Croixらいよんが妥当でしょう。
そしてSymphony~は全部聴きたいのでここでPresto→Sonataまでイっちゃうべし!三までイって四に別曲、も王道過ぎて。ねぇ。
前回聴けなかったモナムールHeartは絶対聴きたい、ってかHeartは確実
この「前半/後半」ってのは完全に想定外だったが、今ツアーで各地のセトリで出て来る新パティーン。それからBastilleで一気にアゲといて、最近噂も聴かないサンクチュアリとか投入したりして。
Heart後半で締めたら、必ずライヴ中~後半に訪れるロマンス革命。という事でRomantiqueからの幻想トリアノンでどや!
幻トリなんてまず聴けない名曲。そこから満月に繋げれば後は完璧なThrone締め。
アンコール一発目はまず間違いなくこの世で一番美しい薔薇よだろう。軽くウルウルした所でDeath ParadeMoulin Rougeで盛り上げ、兄貴個人的にラスト不動ナンバーと思われるRoyal Bloodで爽やかに終了!
 
いやー、当たったやろこれ。マジで。
でもどっかにLouis〜艶血のラヴィアンローズは入れて欲しいなぁ~(*´ω`*)
 
 
 
………と妄想フルMAX(*´∀`)♪
フレッシュネスバーガーで開場まで時間を潰し、開演ちょい前に現場入り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160514171908j:image
こんな感じめろよ。
物販ブースが後ろにある為スペースが狭くなっており、前回よりは少な目な印象。
ギリギリ入りの為さっさとドリンクを交換、なのにすんなり上手の3列目付近に到達出来てしまい兄貴から丸見えの角度(’-’*)♪
 
《……札幌来たらすぐ前線行けるよな~(^w^)》
 
と密かに思いつつ今回もガッチリメモ帳持参でレポに備えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
17:30の開演時間ほぼジャストで暗転。
 
 
 
 
 
……………
 
 
 
 
 
静かに幕が開き、ドラムセット等の機材が見える。
 
 
 
 
 
……………
 
 
 
 
 
……………少しずつ大きくなっていくSE。
 
 
 
 
 
 
………………このエスニックかつトランス感のある高揚感抜群のメロディは………………!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「……や~ぁと~、め~ぐりあ~~~え~た~…」
 
 
 
 
 
Carmillaだ!!(*ノ▽ノ)!!
 
f:id:niichan-v:20160509235512j:image
」モードのKayaが来る!! 
まさにKayaという歌手を象徴とする一曲であり、Node of Scherzo(Versailles/Kaya/Juka)で回った日本耽美革命、2007年11月の仙台HooKを思い出す!(*´∀`)♪
という事は………
 
 
 
 
 
「……お前の魂を……… おくれ~~~!」
 
 
 
 
 
 
 
 
キターーーーー(゜▽゜*)ーーーーー!!!
 
 
 
 
 
 
Kayaー!」
「かやー!!」
 
まさにこの入り方!!!
そしてバックに誰も居ないのにこのオーラよ!!
もうさっき入れたアボカドバーガーが口から飛び出ちゃうかと思う程の声量。
吸い込まれる様な妖艶な舞い。
圧巻のファルセットやサスティンの伸び。
 
本っっ当存在感あるわー(*゜Q゜*)
 
声援もかなり大きい(*´∀`)♪
 
 
 
「KAMIJO Japan Tour 2016 “Aestheticism” Omen、ようこそおいで下さいましたー!」
 
「カヤー!!」
Kayaー!!」
 
「おほほほほ」
 
ぶ、不気味な……(;゜∀゜)
 
 「今宵、ご案内役を務めさせて頂きます、Kayaと申します」
 
「かやー!」
「カヤー!」
 
Kayaと申します!」
 
Kayaー!!!」
「カヤー!!!!」
 
Kayaと申しま~す!!
 
 
もうええて!(笑)
でも客席しっかり呼応(^^)d
 
ここで事務所の移籍と客席煽りと宣伝が入り、もう一曲。
 
 
 
「それでは、悲しい悲しい、悲しい、恋の話。」
 
 
Opheliaへ。
 
この2曲を間近で聴けるとは!!
KAMIJOと同じ「耽美派」と言えど、これほど方向性が多様でかつ世界観そのものが歌い手自身であるアーティストは他に居ないでしょう。
兄貴とはまた違う「耽美」の形。
その美しさに声も出せずただ見つめてしまいました。
是非CarmillaとOpheliaだけでも、知らなかった方々にはお聴き頂きたいです!( v^-゜)♪
 
 
 
 
 
曲が終わると一冊の古い本を取り出し、朗読開始。内容は完コピ不可能なので大体のアレです(*´-`)
 
「それでは、ルイ17世がお贈りする、美しくも激しい物語の世界へ、皆様をご案内致します。」
 
 
 
……はいここでルイ17世 = KAMIJOである事をご理解下さい(* ̄∇ ̄)ノ
 
 
 
ー「フランスの王になるはずだったルイ17世は、幽閉されていたタンプル塔で10歳の若さで亡くなってしまう。20世紀に入り、DNA鑑定によって心臓はルイ17世本人のものと断定された。しかしその心臓は、ヴァンパイアとなって生き延びたルイ自身が入れ替えたもので、実際に塔の中で死んだのは身代わりの少年だった。本物のルイは、音楽家のベートーベンによって塔から救い出され、生き延びていた……」ー
 
 
 
……凄ない?俺。→お前かい
つかベートーベンが救い出したのか。
やるな。うん。
 
 
 
ー「ヴァンパイアとして現代を生き延びたルイ17世。“Aestheticism”とは、人間の血をエネルギーとする事で犠牲のない理想世界になると訴える耽美主義のルイと、倫理観を経て彼の正体を暴こうとする者達の攻防を描いた物語である………」ー
 
 
 
ここでKayaちゃん退場。
勿体ない使い方やな~(笑)もっと観ていたい。でも兄貴の世界観を引き立たせる為にこれ程の適任も居ないだろう。
 
 
 
「2004年、私の心臓は………」
 
兄貴や!兄貴の声や!( ・∇・)
 
「……DNA鑑定で無事、本物の心臓だと断定された。あの日、あの赤い服の男が私に助言してくれなければ、心臓をすり替える事は不可能だった。フランス王家の歴史は地に堕ちてしまっていたかもしれない。過去も未来も知る謎の赤い服の男、私は彼を模倣して、“Rose Croix”を設立。エミグレ制度により、人間の血をエネルギーとする、犠牲のない理想世界を提案する…………」
 
 
 
 
 
そしてVive le Roiが流れるこれは一曲目ってゆーか、登場SE。
 ぞろぞろと楽器隊が登場し、いつもの様にメロイックサインを掲げる。
 
ってかエミグレ制度って何だ?(笑)
まぁいつか解る日が来るだろう~!
 
 
 
メンバーと客席が一体化した所で兄貴登場!(^-^)/!
 
この衣装、良い!( ・∇・)!
f:id:niichan-v:20160510095126j:image
詳しくは霜月さんが素晴らしい解説をして下さっているのでコチラを
昨年のヨダレ掛け脱走未遂事件があった為か、今回は亡き者にされておりますね。
そして髪は「巻き」が多い!
グリグリや!
 
 
 
 
 
さて………
 
 
 
一発目なに来んのやろ………
って終わりに間髪入れずドラム・Maokiの激しめドラミング!
 
 
 
 
 
ごるぁあぁぁぁあああ~~!!( ゜o゜)!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Prestoやん!!!!!
 
戦前の予想の裏の裏の裏の右下の奥の方を突かれた!(/ロ゜)/!
前回と同じとは!
この瞬間第三楽章までは確定!w
 
K「いくぞ~!」
とイントロで激しくヘドバン!(*ノ▽ノ)
 
まぁ兄貴はいつも5秒位でヘドバン止めるのだが。
 
そしてここの所、兄貴は前半調子が良い気がする。Kayaちゃんの圧倒的歌唱力にも引けをとらない….………嘘。はい、嘘つきました。
 
でもステージ上のオーラ圧倒的。今回のサポートメンバーが控えめにしているのもあるかもしれないが、出て来た瞬間
「おぉ……」
と溜め息が漏れる程神々しいオーラを放っていた。流石、20年以上この道を貫いてきた猛者。
 
「私はあなたの生贄となる」
の後の
「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」×8
が妙にイッキコールっぽくて良い。
 
「生き延びたのか~」
の逆ダイも完璧。やっぱPrestoは1発目にいいね!(* ̄∇ ̄*)
 
そしてMekuは本っっ当に上手い。テクニックは文句のつけ様がない。
今回は上手に居た為か、時雨の音が微妙に聴こえない( ´_ゝ`)
DAISHIはイケメン。下手でキャーキャー言うとるがいいわ。くくくく。
 
 
 
 
 
K「札幌ぉ、今宵は容赦しないぞ!全力でついてこい!いいかー?!」
 
 
と無事にSacrifice of Allegroへ。
イントロの馬車ドラムで客席は更に激しいヘドバンの嵐!!
それを満足気に見つめる兄貴( ´∀`)
 
「愛の消息は~」
の後の間奏、Maokiのオカズの入れ方が凄かった!この子もテクニシャンなのね。ウフフ。
 
K「広場に集めた~ っし札幌ぉ~!!
この謎のテンション、最高(笑)
 
広場に集めた「っし札幌」。
 
ん、深いな( ´∀`)
 
 
 
 
とまた無事にRoyal Tercetへ。
優雅な3拍子を舞い
「悲しいから~ わらあっていた~……」
 
さあ、このまままでいくのか?
いくやろ?
てかまでいくやろ??
 
 
 
 
 
「う~れ~し~いから~ な~い~て~い~た~~~」
 
 
 
 
 
…………ん?何だこの静かなSEは。
 
 
 
 
 
K「…………ルイ………」
 
 
 
 
 
 
 
 
っ┌(┌՞ਊ՞)┐キェァァァェェェェァァァ~!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
K「……艶血の………ラヴィアンローズ……」
 
 
 
 
 
ここでLouis!
艶血のるぁヴィアンるぉぉぉおお~ズぁぁいぁああああ!(ToT)!
 
なんでや!
なんでそんな事すんねん兄貴!!
血ぃ逆流するわ!!(゜∀゜)!!
 
言うまでもなくソロデビューシングル、かつ「耽美ド直球」で大好き(*´ω`*)
間奏のベースソロで時雨も良い仕事してるし、ハードなギターの旋律と優雅なストリングスを見事に融合させた名曲。
まさかこの曲順でブッ込んで来るとは……
 
今宵は俺の完敗に乾杯や。もうこの先のセトリが完全にわからんちん( ´∀`)♪
 
 
最後は勿論、会場一体となり
 
「ラヴィ~アン 
f:id:niichan-v:20160511160100j:image
ロ~~~~~~~~~~」
 
とりあえずローズライトは持っておいて良かった(笑)
でも兄貴が客席に投げるの、真ん中付近だけで取れないにょ。残念。
 
 
 
 
曲が終わり、バックにEmblemが流れる中のMC。
 
K「ボンジューフッッ!」
「ボンジュール!」
かける4回。
 
昨年からかな、何故か兄貴の「ボンジュール」の発音が、変にフランス語のオリジナルを意識して語尾が「フッ」てなってます。
 
K「KAMIJO Japan Tour 2016 “Aestheticism” Omen、札幌Cube Gardenへ、よおこそぉ!」
「フゥゥー!!」 
「キャー!」
K「さぁ今宵は、最後までこの耽美世界、堪能して帰って下さい……」
 
 
 
K「さぁ、耳を済ませて……… 死者の足音が………聞こえてくるぞ………」
 
 
 
 
 
おおー!(・∀・)!
生で初聴きDeath Parade!
激しいギターリフからの………
 
 
 
 
 
 
 
はっ!!!!!Σ(゜Д゜)!!!!!
 
 
 
Mekuの右後ろ横になんかおる!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160514172100j:image
Death Paradeツアーのデスメイク親衛隊の様なひげ面のロン毛が直立でこちらを直視していてめっちゃ怖い!((((;゜Д゜)))
あまりにも急な登場にド肝抜かれし。
 
Aメロが始まるやいなやリズミカルに拳を突き上げるロン毛!
怖い。怖すぎる。
 
……ってか1人だけ?
このタイミングで親衛隊出すなら1人っておかしくないか…………?
 
 
 
 
 
…………!!
 
チセイ君??!(°Д°)
あのひげ面のロン毛は、兄貴のコーラス担当として絶大なる信頼を得ているチセイ君か?!!
あんな風貌だっけか?!(笑)
 
いや本当にびっくりした!
 
 
あ、曲の方は、拳の突き上げと足踏みが良く揃っていてノリノリでした( ´∀`)♪
 
 
 
 
曲終わりに間髪入れずイントロが流れる。
一瞬の入りで判るHeartやね。敢えて言うならHeart前半やね。
前回聴けなかったから嬉しいアルよ( 〃▽〃)♪
 
この曲は本当に良く作られている。
全ての楽器が輝き、個性を残しつつも全てが融合し、緩急も見事。それでいてしっとりと柔らかな内側のクリームとカリッとした外側の甘いシンフォニーがどこか懐かしさを思い起こさせ幾重にも重なったチョコ………
おっと、危うく西日本洋菓子コンテストに入賞する所だった。危ない危ない。
 
兄貴もまだ声が良く出ている(^^)v
「ね~が~わくばゆる~しを~」
の所も大丈夫。
今回のサポートメンバーは、出来るだけ裏方に徹して派手に動かない様に努めているのかな。兄貴がやたらと引き立たっているな。
 
さて、どこで前半と後半を分けるのか。
1サビ終わりの「燃え~てい~る~」の後で切れるのかと思いきや………
 
ヴァイオリンの旋律。
ツインギターの旋律。
クワイヤ。
クワイヤに乗っかった兄貴のビミョーなファルセット。
転調。
伯爵の画廊。
 
………まだ行く………?
 
「その理由は~ 真実は~ わからな~い」
 
 
 
 
 
「ゴッ」
 
 
ここで謎の音(笑)
マイクがブツ切れになった様な。
 
 
 
 
ドラムのカウント。
 
 
 
 
 
 
 
 
なにぃーーー(゜Д゜)ーーー!!
 
 
 
 
 
片手に夢を持つ少女 !!Σ(゜Д゜)
これは全く予想外!!!
なぜここで爽快感?!
イントロで兄貴が何か喋っていたが良く聞こえなかった( ´_ゝ`)
 
サビの「歩き出す勇気を」あたりから声が出なくなった模様。以降、後半は高音がほぼファルセットになりますので予めご了承下さい。
 
この曲はJupiterでいう所のShining。
タオルブン回しのノリノリ紀香だが、片手にメモ帳、片手にマテ茶を持つこのオッサンには不可能。
誰がオッサンや!
 
 
 
 
 
曲が終わるとまた間髪入れずオルゴールのメロディーが流れる。
今回はMC少な目やな…………
 
 
 
ってGrazioso?!Σ(゜Д゜)
 
ここでGrazioso?!Σ(゜Д゜)
 
ライヴでGrazioso?!Σ(゜Д゜)
 
 
 
も~予想外だらけ!!
まさか独唱ここで入れる?!
ま~これとトレゾワは好きだからいいけど。
 
手拍子もそれなりに呼応し、しっとり歌い上げて一旦ステージ裏に捌ける兄貴。
 
 
 
 
 
 
 
ー「エミグレ制度 契約内容その1。」ー
 
 
 
 
 
おっと、ここでまた兄貴の朗読。バックで流れるSEがミステリアスで良い。
 
 
 
 
 
ー「60歳以上であれば契約が可能。本契約は、ドナーとして体を提供するものである。」ー
 
 
 
ー「エミグレ制度 契約内容その2。契約者は死後、遺体を精霊の家に運ばれ蘇らせられる。その後、生前の契約期間と同じ期間眠ったまま血を作り続けた後、本当の死を迎える。それを《契約満了》と呼ぶ。」ー
 
 
 
 
 
なるほど。
これがエミグレ制度、なのねん。
「イミグレ」なのか「エミグレ」なのか良くは聞き取れなかっ…………
 
 
♪♪ ♪♪♪~♪~ ♪♪ ♪♪♪♪♪♪
 
 
お!
こっからHeart後半やな!( ´∀`)
 
前半からの流れで、Mekuの超絶ギターソロから再開。  
ここからでも充分に劇的な曲。本当に良く作られており、アルバム「Heart」の看板曲、そしてKAMIJOの代表曲として後世に語り継がれるべき一曲である事は間違いないでしょう!(~▽~@)♪♪♪  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レポ②へ続く→

近況報告・初春

お久しぶりです!

 

f:id:niichan-v:20160408193743j:image
 
 
いやーもう気付けば春!
完全イヌ派の僕がお届けするネコちゃんの癒し画像で………
 
っと、もう1年半も更新せず既に「にいちゃん」という存在は忘れ去られてしまったのではないかとパイシンしておりましたが、チラッとアメーバを覗いてみたらアクセス数465という謎の躍進を遂げておりました(笑)
 
長きに渡り更新せず、一時でも楽しみにしておられた方々に深くお詫びを申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160408200200j:image
あ、倒れないで下さいね。
 
 
この潜伏期間にあった事や、これからのアレをアレして行きますので。
 
 
 
 
 
 
まず!
 
 
 
 
 
 
 



f:id:niichan-v:20160408201841j:image
我等がビードロギニョル
 
;いよいよ始動です!(*ノ▽ノ)!
 
 
 
 
 
10/16(日)!!!
 
★★★★★8周年記念ライヴ!★★★★★
 
 
嘘!!!
 
詳細未定!!
 
 
 
てな訳で真楼としても久々となるビードロギニョルのライヴを遂に決行!! 
 
僕に関して言えば、自分が関わるライヴは約14年ぶりとなる魅惑の一夜になります( ´∀`)
 
更新をしていなかったこの期間は、ほぼ全ての空き時間とビードロギニョル再建に割いて来ました。新たなるスタートとして方向性が決まり、少しずつですが形になりつつあります(^^)d 
これから本番に向けてやるべき事に全力投球しなければなりませんが………
 
 
 
 
 
いやー、大変ですね、バンドって(笑)
改めて。
 
いざ「ライヴをやろう」ってなった時に何が必要か。
 
・ライヴ会場
・チケット
・物販品
・対バン
・機材
・宣伝材料
とかその他色々。
ガッデム。
 
 
バンド単位で考えると、何はともあれまずは実行犯………っと失礼、メンバーですよね。
ビードロギニョルのメンバーは散り散りになってしまい、独りで看板をしょってきた真楼にプラス!今は僕が居ますが、ガールズバンドという14㍍級のハードルが立ちはだかりなかなか理想の形を作れずに居ました。
 
んだば!
 
真楼独りをガンガン前面に出してあとはウデの立つサポートで行くのもアリかな!
なんてな!
 
という訳でまずギタリスト2を召喚したのであります(*´ω`*)
紹介は後程。
 
そして宣伝材料、略してアリエールですが、何はともあれ音源。CDが無ければ何も始まらないので、プレスやレコーディングの段取りをしたり、ジャケットになるイラストレータを探したり。
そしてフライヤーポスター、更にはTシャツパーカーチェキ等の物販品を考え、一緒に出演してくれるバンドを複数打診し、ビックカメラに寄って今帰って来ました。
 
ただいま!
 
え?!今日呑みに行くから先寝てろって?
 
 
あとは衣装機材のアレやら何やら。
大体8:30~20:30まで仕事をしている初老の僕にとってはかなりキツいメニューとなっている今日この頃なのです。
 
 
以上、言い訳タイムでした。
 
 
 
でも!!!
 
 
 
今作っている曲はかなりの自信作です。
マジはんぱ無い歌詞飛ばすぜ?Yo、待った無しだ。
いつか公開予定なので!!
CD化された際には是非とも宜しくお願い致します!(*ノ▽ノ)!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160415100643j:image
新アルバム「Radiant A」を引っ提げて行われた「ALDIOUS JAPAN TOUR 2015~2016」!
 
札幌2Days!
 
だったのに!
 
参戦できず!!( ;∀;)!!
 
 
完全に腐ってます。はい。
 
 
こちらの「はてなブログ」に移住して以来、注目記事の上位がAldious記事で占められていると言う現実に、逆に心が傷みます。
 
ぐへ。
 
 
 
 
 
しかもお嬢が
f:id:niichan-v:20160415182903j:image
僕がいつもお世話になっている美容室NINAでヘアセットしているではないか!(;o;)!
 
あー………
仕事め………………
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
じゃん!!
f:id:niichan-v:20160414183931j:image
いや、ブティックホテルではございません。
 
札幌Cube Garden!(*´∀`)!
 
 
 
 
 
 
 
 
といえば~……………?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
からの~……………?
 
 
 
 
 
 
 
 
(イラッ)
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、今イラッとした方、とりあえずこちらを全て暗記して下さいね( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
という訳で来ます!!
 
 
 

f:id:niichan-v:20160414222122j:image
KAMIJO Japan Tour 2016 "Aestheticism" Omen 5/8 (日) 札幌Cube Garden!!
 
 
詳しくはwebかWAVで!!
 
 
 
という事で→http://shimo.hateblo.jp/
霜月さんのレポでテンション上げながら5/8を心待ちにしております!
 
特に今回はあの人も同行するという事で→http://s.ameblo.jp/kaya-rose/entry-12139975724.html
 
生で観るのも初!( 〃▽〃)♪
 
必ずレポを書き上げます!
 
 
 
 
 
………って言っておけば自分に制約が出来るので………
 
 
とにかくこれから兄貴周辺がますます楽しくなりそうですのよ。
 
以前にも触れましたが、ベルセイルスの復活というロイヤル級ニュースが飛び込み、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160415184628j:image
間違った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160415185002j:image
一度眠りについた薔薇の末裔が
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160415185132j:image
シャキーン!( ☆∀☆)!
 
 
 
しかも例の「復活の儀式」だか何だかのアレが映像化される事が決まり、こりゃあもう今年も散財確定!
 
 
 
薔薇を愛する…………かどうかはさておき、Versailles(フィル)を待ち望んでいた方々と共に、そして新たなファン拡張を目論み、また動いて行きます!( v^-゜)♪ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここからは余談風味です( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
まぁ、人間たまには息抜きとか棒抜きとかも必要な訳で。
 
 
たまに立ち寄るTSUTAYAで見付けた2つのDVDをご紹介致します( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160415113216j:image
JUNK STORY!!
つか何で今の今までこれを観なかったのか!
何故だ?!
俺!
 
もうね、
f:id:niichan-v:20160415113224j:image
この、最後に生hide氏を見た頃が一気にフラッシュバックしましたよ。
DVDを再生して間もなく号泣モン。喋って動いている様子を観ると、本当に色々な想いが込み上げて来ます。
賛否両論ある様ですが、こちらは本当、一度は観て頂きたい作品ですね。
各著名人のインタビューや当時の様子等、まるでオモチャ箱をひっくり返したような彼の世界観を再確認出来ます(*´∀`)
 
も~INAちゃんなんかフツーのオッサンになっちゃっ………ゴホン。
 
 
 
『「松本秀人」が「hide」をプロデュースする』
 
ーhideの持つ二面性は常にhideである自分とそれを客観視出来る自分がいるからー
 
 
 
と言っても常人には掴めない感覚かもしれませんが、アーティストには必要不可欠な能力でしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その二面性をもつもう一人のカリスマの
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160415113232j:image
矢沢永吉『Rock』!
 
観たい観たいと思って早6年が経過し完全に忘れ去っていたのですが…………
 
ます!(゜▽゜)
このDVDは本当にキます!
何故今なお、齢60を過ぎてこれほどまでにエネルギッシュに活動し、人々を魅了出来るのか。
E.YAZAWA」の全てが詰まっている作品と言えるでしょう(* ̄∇ ̄)ノ
 
特にファンだった訳でも無いのですが、その生き様は男として惹き付けられます。
 
妥協無きシビアなリハーサルの中でも笑顔で楽しく周りを鼓舞し、「矢沢永吉」が一番映える角度や魅せ方をとことん追求する姿は真のプロフェッショナル
 
 
 
そして何と言っても、伝説として語り継がれる語録の数々(゜▽゜*)
 
 
この中でも
お前の一生、矢沢の2秒
なんてシビレてシビレてオーストラリア移住ですよ完全。
こんな父親が居たら、こんな内閣総理大臣が居たら、面白い世の中になるんだろうなぁ~( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あと
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160417163049j:image
こちらは携帯アプリの「メビウス ファイナルファンタジー」。
密かにドハマりしております(*´ー`*)
まぁいわゆる課金系ソーシャルゲーム系のカード系バトル系なんですけどね、課金すりゃいいって訳じゃないところが良いです( ̄ー ̄)
そして過去のFF作品に登場した個性豊かなキャラクターも登場し、ファンの心を貪るシステムになっております。
無課金でも楽しめ、一人でも楽しめ、オンラインでマルチバトルも楽しめ、もう現代のゲームってこんな感じなんやなぁ~、と感心。
 
もしマルチバトルで一緒に戦ったろ!という方がいらっしゃいましたらご一報を( ´∀`)♪
 
意外とユーザー間の交流は薄いシステムになっているのでストレスもあまり溜まりません(笑)
 
ただ、容量ハンパないので省電力モードにしないとあっという間に充電切れます(。-∀-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなこんなで!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
近況報告ばっかりですが、宜しければ今しばらく僕にお付き合い頂けると嬉しく思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
必ず面白い物をお魅せ致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガチョーン
 
 
 
広告を非表示にする

memento mori

こんばんは、パブロ、ディエーゴ、ホセ、フランシスコ・デ・パウラ、ホアン・ネポムセーノ、マリーア・デ・ロス・レメディオス、クリスピーン、クリスピアーノ、デ・ラ・サンティシマ・トリニダード、ルイス・イ・ニイチャンです。
 
 
 
又々凄く久々の更新となってしまいましたが、生きてます。
 
 
 
何と言っても今年は2016年、この北の地で再びKAMIJOという不屈の耽美派に対峙する事が出来る予感!(*´-`)
先日のZepp D……
おっと、この続きは霜月さんの記事にて( ´艸`)
 
 
 
さらにVersaillesで来られた日にゃ~完全にコスプレせなアカンやろそんなん。 
 
Aldiousも来る!( ´∀`)
 
犬神サアカス團も来る!( ´∀`)
 
EARTH SHAKERも来る!( ´∀`)
 
松本孝弘先生も来る!Σ(゜Д゜)
 
 
 
とまあ盛り沢山な1年になりそうですが、生きてます。
 
 
 
 
 
 
えー
 
 
 
 
 
今回は
 
 
 
 
 
 
 
 
近況報告・初冬で触れた
 
 
 
川上勉氏個展
 

f:id:niichan-v:20160121192244j:image
がアレだったので
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160121182939j:image
ト・オン・カフェさん
 
にお邪魔しまして( v^-゜)♪
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160121182949j:image
この様にギャラクシー……
失礼、ギャラリースペースがあり、とても素敵なお店でした(*´∀`)
 
「全道展アゲイソ」にて紹介した川上氏の作品があまりにも好き過ぎる為
「世に知らしめてやろう!」
という拡散根性丸出しで紹介して行こうと思います。
まぁ僕の影響力なんてゴルジ体程度でしょうけど( ´,_ゝ`)
 
 
 
 
 
 
 
 
まずタイトルの「memento mori」についてですが
 
 
 
こちらは既に皆様もご存知の通り、1996年4/10に発売され、1996年度年間5位に輝いたミスチルの11枚目のシングルです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(…………ツッコんで!)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160124184631j:image
ペシ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラテン語で「自分がいつか必ず死ぬ事を忘れるな」という意味です。はい。
 
全道展で川上氏の作品に出逢い、その制作過程やコンセプト等を閲覧し、その中で得たキーワード
」。
 
よく芸術作品のモチーフとして取り上げられますが、実際深く考えた事が人生に幾度あるでしょうか?
 
 
 
今回の作品を閲覧し、また色々と考えさせられました。僅かですが画像を解説付きで紹介させて頂きます( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「死を記憶せよ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160121193329j:image
まず目に飛び込んで来た作品がコチラ(゜Д゜)
一見して即倒モン。
そのリアルさと表情に息を飲みました。
 
作品名:Sleeping beauty 
《その少女の眠りは覚めるものなのか、永遠なのか。
私は人の死の境界は曖昧で、捉えることが出来ない霧の様なものであると。
また、「死」の主体である死体の主(あるじ)の意志は、死の境界の決定には全く介在しない。客体のみによって創り出される観念の領域である。それはまた、「美」に対峙した時の感覚と多くの共通点を有する。主体である物体はただそこに存在するだけであり、それを捉える者の感覚によってのみ構築される世界である。
死と美の共通性、あるいは調和、または美による死に対するカタルシスを主題に造形した。》
 
 
 
………深い!!
これぞ芸術家の突き進む先にあるもの。
本当にこの1発目に展示されていた作品だけでも小一時間見て居られます(*´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160124083147j:image
そのすぐ後ろに展示されていた作品。
今回のテーマである「FROZEN 
まさに、刻を凍結させ死した少女を美しいまま保存した様な作品たち。
精巧かつ繊細、そして奇抜ながらも抱擁したくなる程の愛らしさを放っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160124083203j:image
特にこちらはそんな感じですね(*´ω`*)
角度を変えると
f:id:niichan-v:20160125083131j:image
物憂げな表情が更に深く、さらに夜間に見るとまた違う様子です。
何だかこのまま置いて帰りたくない気分です。でも持って帰ると確実に実刑になりますのでね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160124083216j:image
か…………
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160124083436j:image
可愛い(*´ω`*)
そして何という表情………
吸い込まれる様にみとれてしまいました(..)
こちらの2作品には、恐らく作品名と思われる文字が胴体に名前が記されておりました。
そして川上氏の作品の幾つかは定価がついており、もしも僕がブルジョアならこのスペースごと買い取りたい位でしたね(*´-`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160124083458j:image
作品名:臨在の感覚
《内面性や精神性など、トラディショナルな彫刻表現において重要とされる部分を追及すればする程、自分が思う人間のリアリティから遠ざかる気がしていました。自分が作りたい人間のリアリティとは何か。生命とは何か。行き着いたのが、空っぽの、器のような人間像でした。ここに人間はいません。生き生きとした生命の表現もありません。しかしリアルな人間は感じてもらえると思います。》
 
 
 
………リアルです(゜ロ゜)
今にも目を開き動き出しそうな。
ただ横になっているだけに見える人もいらっしゃるでしょう。
でも側に寄ると、本当に呼気が聞こえてきそうな程リアルです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160124083659j:image
背骨出てるよ!
すごく安らかな表情。
さほど大きくはない作品ですが、身体の空洞化した箇所が切なさを醸し出し、思わず溜め息が漏れてしまう美しさがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20160124083707j:image
こう、芸術作品を表現する語彙を持ち合わせていない僕には、何と言って良いものか(._.)
壁から出ている様にリアルです。

ちなみにこの記事を書いている時点で気温がー11℃と軽くトチ狂ってしまいそうでしたが、生きてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういった

f:id:niichan-v:20160125102517j:image
本も併設されてあり、勿論川上氏の作品も掲載されておりました。様々な「死」の捉え方を表現した芸術作品が紹介されていて、色々と考えさせられる一冊です。
そこに美学を見出だしたり、嫌悪したり、感じ方は人それぞれかと思います。
 
 
僕は川上勉氏の作品に触れ、また新たな「耽美」の一片を見付けた気がします( ´∀`)
 
そして「memento mori」~「自分がいつか必ず死ぬ事を忘れるな」/「死を記憶せよ」という言葉。
芸術作品は、それ自体は口を開き話し出す事は無いかもしれません。しかし、今回の個展にて作品が閲覧者に訴え掛けるもの、それは受け手次第で解釈も変わりますが、その感覚は普段の暮らしの中では得られない特別なもの。
 
我らビードロギニョルのコンセプトにも通じるものがあるので、その感覚を大切に、楽曲等に反映したいと思います(*^ー^)ノ♪
 
 
 
 
これからも全道展等で見掛ける事を楽しみにし、その都度紹介させて頂きます!
 
 
 
 
 
 
最後に、上記の画像のキャプチャー元の動画をオマケに。
(※アメンバー限定です)
 

http://ssecret.ameba.jp/vivid-niichan/amemberentry-12119707810.html?frm=amember

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グナイ!
 
 
 
 
広告を非表示にする

近況報告・初冬

ご無沙汰しております、薔薇の葉柄の末裔です。

 
 
 
 
2015年もあと数分となり、皆様もご多忙な日々をお送りになられているかどうかはよく解りませんが
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151219190127j:image
ついに来ましたね、冬。
歩道はスケートリンク、車道はスケートリンク、さらにコンビニの床もスケートリンク、と完全に羽生モードの北海道。
そりゃあ学校の授業でもスキーが必修になりますよ。ええ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ま、そんなこんなで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151220085252j:image
i pad air を手に入れました!( *・ω・)ノ☆
思えば高校生の頃からWindows120%の人生………かつ!
スマートフォンにマガイモノの「しり」を搭載しては話掛けてイライラする日々。
ようやくモノホンのSiriと戯れる事が出来る様になったとです!(゜▽゜*)♪
 
 
 
 
 
………ってイヤ、それが目的でわざわざ⑧万円もするコヤツを買った訳では無く当然!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151221173134j:image
曲を作る為なばぁー!゜⌒( ▽゜)ノ♪
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151221173123j:image
無料アプリとしては文句無しの機能を誇るガレージバンド
こちらをフル活用し、年末のクッッソ忙しい中帰宅しては作曲に撃ち込む日々(* ̄∇ ̄)ノ
 
さらに!
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151222224524j:image
SABER TIGERの木下氏によるレッスン2回目!( ´∀`)☆
と、何でこんな写真しか無いのかはさておき(笑)
 
今回は、今まで避けて裂けて割け通して来た基礎中の基礎の部分を教わりました( ^-^)ノ
 
というか、基本的に、1からちゃんと誰かに教わって知識なりテクニックなりを積み重ねて来られる人は少ない訳で、ほとんどの人は自己流で学び、弾きまくって感覚を掴んでいるハズ。
僕も例外無く、ただ勢いで好きな曲をコピーしたり早弾きしたりして来た人間なので、音の構成なり奏法なり、面倒な理論には全く触れずにいました。
 
しかし……
 
今はそこが必要不可欠。
これから音源を作り、新曲を発表し、バンドとして、プロデューサーの1人として動く為には無くてはならない部分~一番苦手な部分~を克服しなければ先は無い!
 
うわらば!(/ロ゜)/
 
という事で、来年も引き続きレッスンを受け、あわよくば牙虎さんと何か一緒にやりたい!
なんて!
事も妄想中です( ´∀`)
 
レッスンの内容については追々(⌒‐⌒)
 
 
 
 
 
 
という訳で
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログの更新に時間を割く事が困難になりまして。
 
特に今は自分の手掛けるバンドに全力を注ぎ早く形にしたい、という気持ちが大きいので。
あとは単純に仕事が忙しいので(笑)
 
1つの記事を作るのに只でさえ1週間以上要する僕が、特に時間を要するレビュー物ネコクラの編集に着手出来るはずもなく(´-ω-`)
 
 
 
 
 
 
 
 
って
 
 
 
 
 
 
 
言ってる側からーーーーー!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
@KamijoOfficialさんのツイート(https://twitter.com/KamijoOfficial/status/678508278490357760?s=09;)をチェック
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151222234050j:image
☆☆☆☆☆ベルセイルス復活!?☆☆☆☆☆ 
 
 
(゜Д゜)パチッ
 
 
耳も目もLINEもTwitterもFCも疑いましたよ。マジで。
あ、「ベルセイルス」の元ネタが解る方はかなりのVersailles通と判断し、直ちにポケベルにて連絡しますので準備しておいて下さい。
 
 
そこでですが!!!
 
 
この度こちらの方をご紹介致します。
 
 ↓
 
 
僭越ながら、僕のライヴレポ等に感銘を受けて頂き、まさに僕の生き写しの様な記事を発信されている霜月さん
こちらは北海道に誰かが来た時にしかライヴレポを書けませんが、霜月さんは東京近郊のレポを耽美的に展開されております。
勝手に後継者呼ばわりしちゃいますが、僕の後を継ぎ、ありのままの耽美かつ華美な記事を書けるのはこの方をおいて他に居ない事にします!( ´∀`)☆
 
是非KAMIJOを国王と崇める我々の同志は、霜月さんのブログを訪れて下さい(^-^)v 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本当に時間があれば書きたい記事もあるんですよね~…………
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特に!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151219190548j:image 
12/2発売、約8年振りとなるAldiousのNEW ALBUM、「Radiant A」( ´∀`)♪
今までAldiousヲタとして数々のレビューをしてきたこの耽美派が、この渾身の一撃に着手しないハズが無い!
 
しかも!
 
 
 

f:id:niichan-v:20151220085315j:image
ムック本( 〃▽〃)☆
今までの、そしてこれからのAldiousを語る上でのバイブルが同時発売され、それを語らない訳が無い!
 
 
 
 
 
……とお思いの方も居ないでしょうが………
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゆっくりレビューを書ける時間がありませんので現時点では
「メッチャおすすめやから聴いてや!」
としか言えません。(´-ω-`)
ちなみにガチャピンとは無関係です。はい。
いつかはこちらのアルバムのレビューは書きたいと思っております( ´∀`)
 
そしてここだけの話、
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151221210639j:image

初回限定の通称「Marina盤」をソッコーHMVで予約して買った事は金髪の人にはナイショです( ´艸`)♪

ぐふふ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、
 
 
 
以前の記事「全道展アゲイソ」にて紹介した
 
 
@tsutomu61922さんのツイート(https://twitter.com/tsutomu61922/status/678478691354021888?s=09;)をチェック
 
川上勉氏が、地元で個展を開催!( ´∀`)
勿論触れさせて頂きますよ!
あ、触ったらあかんか(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
とまあ、とにかくせわしない日々を送っておりますが、何とか生きております。
 
今年はこれで最後の更新になりますが、来年は出来るだけ記事も書いて行きたいハズなのでたまぁ~に覗きにお越し頂けると嬉しいです(*^ー^)ノ♪
 
 
 
 
 
それでは!
 
 
 
 
 
 
 
 
さらば2015年!(/--)/
 
 
 
 
 
  
 
 
そして今年もこんな訳のわからん纏まりのない個人ブログをお読み頂いた方々に心より
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151222235549j:image
感謝(*・∀・*)ノ♪
 
 
来年こそ宜しくお願い申し上げます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
酔いお歳を!( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にいちゃん&真楼より
 


 

広告を非表示にする

BIG NEWS&妖怪展

 
覇王翔吼拳!
 

f:id:niichan-v:20151117180427j:image
ブオッ
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、こんばんは、ミラ・ジョヴォヴィッチです。
 
 
 
 
 
 
 
 
さて
 
 
 
 
 
前記事にて触れておりましたBIG NEWSの件ですが、あくまでも個人的にすんごい事なので期待外れかもしれません( ̄ー ̄)
予めご了承頂き、カセットコンロと土鍋を用意しておいて下さい。
 
 
 
 
 
まず!
 
 
 
 
 
 
 
こちらをご覧下さい!( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151117194430j:image
間違った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151117192537j:image
ジャン!
おわかり頂けましたか!(*ノ▽ノ)
 
 
え?わかれへんわぁ、と?
 
 
 
 
 
まぁそうおっしゃる方にちゃんと説明を用意しておりますよ~(*´ω`*)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151028191241j:image
我が地元、札幌を拠点に活動するレジェンド、
☆☆SABER TIGER☆☆
 
まぁ日本人なら99.2%の方がご存じかと思いますが、ジャパニーズ・へヴィメタルを語る上で欠かせない重鎮です。
 
 
 
毎年Vo.の下山氏が個人的に開催している超絶ビッグイベント
f:id:niichan-v:20151028203459j:image
には行けませんでした!(ToT)!
せっかくAldiousが新ドラマー・Marina姫加入後の初・来札(しかもこの日姫のBirthday)、そしてマシンガンズも見られる機会だったと言うのに!
仕方ないのでコチラでガマン
 
 
 
と、各方面で活躍しているSABER TIGERの皆さんですが、長いので「牙虎さん」と呼ぶ事にします。
 
そしてそのギタリストであり、現在の唯一オリジナルメンバーである木下昭仁氏になんと、
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151117193411j:image
個人レッスン受けたニ"ャーー!( 〃▽〃)!
 
 
 
木下氏と言えば
と、Aldiousサウンドプロデュースを手掛けた事もある超大物!(゜Д゜)! 
そのような大物にアレやコレや質問させて頂き、1つずつ丁寧にお答え頂き、これからのスキルアップのヒントを得る事が出来ました!
 
1時間と言う時間は「覇っ」と言う間に過ぎ、話したい事も全ては話し切れる訳も無く次回までが待ち遠しい限りです( ´∀`)☆
 
牙虎さんは今ツアーに入っており、次回は12月半ば頃の開催予定です(^^) 内容も差し支え無い程度に更新出来れば、と思っておりますので!( v^-゜)♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにVo.下山氏のラジオ、「Rockin' Garden」→http://www.yourepeat.com/g/%E4%B8%8B%E5%B1%B1%E6%AD%A6%E5%BE%B3?o=vcount
に我が嫁・真楼がこの格好で
f:id:niichan-v:20151119201643j:image
出演した事があると言うのは後で知りました(。-∀-)
早よ言え!(笑)
意外と接点と言うか、みんなどこかで繋がっているんだなぁ、と。
そして生かすも殺すも己次第だなぁ、と改めて思いましたね。
 
今後も絶対に木下氏との関わりは断ちたくないので、全面的に牙虎さんを応援させて頂きます!( ´∀`)
 
何ならニューアルバムの宣伝もここでやっちゃいます!(笑)
 
現在発売中!
☆☆☆「BYSTANDER EFFECT」☆☆☆
宜しくお願い致します!( ´∀`)!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして!
 
 
 
 
 







f:id:niichan-v:20151121103802j:image
北の妖怪展( ´∀`)♪♪
 
何となくネットをサーフィンしたり草刈りしたり脱穀したりしているうちに偶然見つけたのですん(*´-`)
 
妖怪」と言えば!
我等がビードロギニョルの中心的コンセプトであり、真楼が毎日0時を過ぎてからTwitter等で百鬼夜行に赴く由縁となっております。
 
これは地元勢の活躍を見届けるべし子!( ´∀`)
と言う事で
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151120193916j:image
不時着!( ´∀`)♪
作家16名!!
多いのか少ないのか( ´,_ゝ`)
とあるデパート的な1スペース的な僅かな規模で開催されておりましたが
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121103834j:image
何だか楽しそうでワクワク( ´∀`)♪
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151121103138j:image
入場は無料!(⌒‐⌒)☆
その道のその世界の方が出張で受付に来られておりました。と言っておられました。
学生さんがただツノを付けてバイトしているだけに見えるのは気のせいでしょう( ´∀`)
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121104838j:image
注意書きの絵が可愛い(*´-`)
そしてスペース内は割と暗めの設定なので
 

f:id:niichan-v:20151121120232j:image
さっきのバイトの子が手渡してくれたこちらのライトを駆使して進みます。
 
 
 
 
 
っと 
 
 
 
 
 
自分の顔がガイコツ仕様になるモニターを発見したので試しに撮影。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151121181030j:image
グラサン浮いとるな( ´,_ゝ`)w
そして1人分しか加工出来ない様子なので真楼の顔はこちらで処理しときました。
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121181359j:image
ミニサイズ( ´∀`)
インテリアとしても良いですね~(*^^*)
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121182559j:image

美麗!( ☆∀☆)!

巻物的な?
凄く凝った作品で魅了されました( ´∀`)
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121182933j:image
こちらも巻物的な。
前の「全道展」とはまた違った世界観と感性で引き込まれますね~(´∇`)
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121183140j:image
あ、ここから「暗転」な「暗展」らしいです。はい。
先程お借りしたバズーカで照らしながら進みましょう。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121183308j:image
ぬん。
意外と携帯電話のフラッシュでも充分明るくなる事が2秒で判明しましたが、包み隠さず時代を描写したいと思います。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121191631j:image
暗闇で見るとそれなりの雰囲気があり禍々しい妖気が漂っているらしいのですが
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121191949j:image
明るくしてみると物凄く繊細なタッチで描かれているのが解ります(* ̄∇ ̄)ノ
幻想的と言うか~………
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121192129j:image
ダイナミックと言うか~………
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121192159j:image
可愛い(*´ω`*)w
こう、画に限らず
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121192252j:image
こういった、一反木綿的な?
「一旦木綿」?
ほな明日から「常に絹ごし」でもええ?
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121192420j:image
あ、はい、サーセン
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121192549j:image
はばん!
これぞ今回イチオシの画家さんでしょう!
とにかく画力が!(゜▽゜*)!
 

f:id:niichan-v:20151121193604j:image
ハンパ無いっス。
 
 
f:id:niichan-v:20151121193401j:image
隠し書物的に置いてあった画集。
密かに持って帰りたくなる程の迫力。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151121193644j:image
勿論持って帰ってはいけません。
懲役78年・執行猶予12分、の判決を受けますからね。
 

f:id:niichan-v:20151121193851j:image
「ドラちゃん」とおっしゃる方の様です(*´-`)
 
 
 
そう言えば
 

f:id:niichan-v:20151121202207j:image
物販もありました!
絵のコピーとか色々!
買ってませんけど!( v^-゜)♪
 
 
 
最後に
「アンケートをお書き頂くとおみくじ1回無料で引けんで」
と書いてあったので引いてみました( ´∀`)
 
 
(アメンバー限定動画)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結果は
 
 
 

f:id:niichan-v:20151122221614j:image
送り犬( ´∀`)
転んだら食べられちゃう~(´∇`)
wikiからかよ!
素直で宜しい。うむ。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151123184546j:image
これからもしかすると携わる可能性もあるかもしれないので、今後もこちらの展覧会は要チェックしときます。
 
 
 
 
 
 
 
 
では
 
 
 
 
 
 
 
 
次の更新は何時になるか、何を書くかも全く決まっておりませんが、気長にお待ち頂けると嬉しいです( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トラマナ


広告を非表示にする

全道展アゲイソ

塀に落書きしたらあかへんえ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、こんばんは、ジャック・バウアーです。
 
 
 
 
 
 
 
 
約1ヶ月ぶりの更新になってしまいましたが、実は近々BIG NEWSをお届け出来る予定です!
 
なのでついでにGLAD NEWSアメブロでも貼っておきます!→http://s.ameblo.jp/gladnews-shibuya109/entry-12074539033.html
某メタルバンドの金髪お嬢が大好きなブランドで、メチャメチャかっこええ服が沢山(*´∀`)♪
 
 
 
 
 
つか!
 
 
 
 
 
この辺でまず芸術をお届けしようかと思っていた様です( ´∀`)
 
 
 
 
 
以前の記事「近況報告・夏」でお届けした「全道展」。
今回は
f:id:niichan-v:20151110182244j:image
新生。
どの辺が新生なのか、そしていつも招待券をくれる例の画家の先生は何故今回だけ押し売りに来たのか。
その真相を探るべく、北海道立近代美術館に地下鉄で行きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151110203019j:image
着きました。
結局車で来たのですが、意外とこう、2階建てな様子( ´∀`)
思っていたよりも「近代」の様相では無く、中から鼻ピとかへそピとかしてる下半身裸の人が出て来そうな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
縄文かよ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151110184701j:image
という事でこちらが本来の入口っぽい場所だった模様でございますん( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151110222715j:image
入口の周りにも芸術的なアレが点在しており
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151112234505j:image
芸術的センスがゼロってる僕にとっては、一見してその価値がどんなんなのか、そしてその作品が何を意味しているのかは知る由も無く
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151110201542j:image
ただ舞空術を使って上から眺める位の事しか出来ません。
紅葉見に行こうよー( ´∀`)♪
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴホン。
 
では侵入します(・ω・)ノ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151113203127j:image
これは!
前回「サボテン食べた」を作った方の作品では無いでしょうか!?( 〃▽〃)
「I'm sorry but I can't make your wish come true.」
と言うシュールなコメントが添えられております。
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151113203648j:image
嗚呼!!
こちらも前回の記事で1発目に紹介したハイクォリティーな像!(*´∀`)!
同行した真楼共々惚れ込んでしまったので、いきなりTwitterでリプ&フォローさせて頂きました(*´∀`)♪
 
川上勉さん→@tsutomu61922
 
f:id:niichan-v:20151114081027j:image
本当に生きてるみたいな…………
物憂げで、何かを心に訴えかける様な、一言では言い表せない美しさがあります。
 
確か前々回の全道展の時に見た作品だったハズですが
f:id:niichan-v:20151114082753j:image
こちらを見て一目惚れでした(*´∀`)
この時は1人で行ったので大げさなリアクションは避けたのですが、それはもう、本当に釘付けでしたね。
 
 
 
f:id:niichan-v:20151115141527j:image
機会がありましたら是非一度訪れてみて下さい( ´∀`)
圧巻です( v^-゜)♪
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114094425j:image
をを!
ピカソ風味な!
でも基本的な画が上手な人じゃなければこうならないのは言うまでも無いでしょう。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114094555j:image
孫!( ・∇・)
ええ表情してまんなぁ~( ´∀`)
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114094753j:image
凄く緻密で精巧なつくりです。
立体的で、それぞれに意味があるのでしょう。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114094849j:image
こちらの方も独特な世界観を繰り広げていらっしゃいますね(’-’*)♪
毎回圧倒されております。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114101613j:image
逆三角!
流石にこの発想は無い!
近くで見ると美しさに引き込まれそうです。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114101730j:image
!!(゜ロ゜ノ)ノ
この壁も作品の一部!
自分の部屋にあったら毎回ビビってたじろいでしまうでしょうね( ´∀`)
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151115174236j:image
これは凄い!
色々な物が折り重なって出来上がっており、かなりの制作日数を要するでしょう!
寄ってみると
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114115909j:image
ほら、なんとゆーフォルムでしょう。
数ある作品の中でも緻密さや大胆さが群を抜く存在感。
唯一動いているとゆー点も見逃せません。
「SATO」という名前もなかなか近代的かつ
f:id:niichan-v:20151115182015j:image
まだボケ中や!(/ロ゜)/
 
あ、こちらも前回「触れない」と評した、ガラスで作られた芸術作品ですね( ´∀`)
1つ1つ丁寧に計算された美しいフォルムです。
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151114105807j:image
「Y」!(* ̄∇ ̄)ノ
これは西城秀………いや、良く見ると逆さまになっている方がいらっしゃいますね。
脳天から落ちない様に気をつけて下さいね。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114110023j:image
寄り添う人。
曲線が非常に美しい!
 
 
今回はカテゴリー別では無く、1つ1つの部屋の様なコーナーに絵画や彫刻等が混在しているレイアウトでした( v^-゜)♪
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114110307j:image
鉛筆一本の美学!
これが究極!(*゜Q゜*)
本当に写真の様に精巧で、今にも振り向きそうな質感です。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114111318j:image
嗚呼~( ´∀`)
癒される~(*´∀`)
電車に乗ってクッソ高い駅弁とか食べながら見たい景色ですね☆
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114115605j:image
少し遠くから見ると「眼」のような、「傷」のような( ゜o゜)
近くで見ると恐ろしく細かいタッチで描かれています。
 
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151115182437j:image
こちらは真楼お気に入りの画( ´∀`)
紫の色使いが絶妙で怪しさを醸し出し、暫く食い入る様に見つめておりました。
 
 
 
 
f:id:niichan-v:20151114124539j:image
これは面白い!(゜〇゜;)!
まさに芸術作品と呼べるのでは無いでしょうか!( ☆∀☆)
何を意味しているかは全く解りませんが、発想力と自体のクォリティーに圧倒されました。
下の方に
f:id:niichan-v:20151114124601j:image
カブトムシ的な。
雪でも被ったのかな?
限りなく本物に近い質感です。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114195133j:image
こちらも何か凄い!
良く見ると
f:id:niichan-v:20151114195203j:image
二重になってるとゆーか、良く解らんけどとにかく、どーやって作ってるんでしょうね( ´∀`)w
綺麗です☆
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114195841j:image
キャノン砲!(゜▽゜*)!
てかどやってバランス取ってるのか不思議です。
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114200017j:image
タ………
タイムマシンみたいな?( ´∀`)
右下の赤いのを回したくなる気持ちは解りますが、手を触れると警備係の人にアックスボンバー喰らいますのでその左上の茶色いのにしときましょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから!
 
 
 
 
 
 
 
 
今回初見&マジで感動した作品をご紹介!
 
 
 
 
 
 
 
 
では、
 
 
 
 
 
 
 
 
個人的第3位!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151114195339j:image
「沖縄の記憶」という作品。
様々な思いが込められているのでしょう。とにかく要素が多く
f:id:niichan-v:20151115141219j:image
特にこの部分はどうやって作っているのでしょうかね。堅い感じの質感ですが、寒天っぽくもあります。
手のひらの間にも球状の物体が挟まっており、何かを護っている様にも見えます。
それにしてもこの色合い。
凄いなぁ~(*´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
個人的第2位!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151115163156j:image
「白菜」。
 
イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ(笑)
 
全道展」出してええんか?!( ´∀`)
あまりにもシュール過ぎて文句無しの第2位です。はい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
個人的第1位!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151115163536j:image
「たこ」。
 
……もうね、絶句ですよ(笑)
スーパーで売ってるヤツやろ!「ボイル用」とかそんなんやろ!
 
そしてこちらは割と入ってすぐの所に展示されており、入場者の心を掴んで放さない作戦である事は明白です。
 
 
 
 
 
 
 

f:id:niichan-v:20151115213516j:image
優勝記念に真楼入りで撮影( v^-゜)♪
 
と、結局真相は闇の中( ´,_ゝ`)
 
まぁ楽しめたのでまた次回も足を運びたいと思っております( *・ω・)ノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という事で
 
 
 
 
 
 
 
 
次の更新でのGLAD NEWSをお待ち下さいませ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バコルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アメンバー限定オマケ動画(*^.^*)
 


 
広告を非表示にする

Jupiter Tour 「Prevenient Grace」/ 札幌Cube Garden

ジョルジョルしてましたね。
ボンジョルノ!
って感じですね( ´∀`)




………あ、失礼!わたしだー!(゜∀゜)ノ☆

ちょっと取材を受けていたもので!



さて!



ようやく記事として纏まりの無い作品が出来上がりました!(*´∀`)♪





f:id:niichan-v:20150927095200j:image
一年ぶりのずぴたー!( ´∀`)♪♪

Jupiter Tour 「Prevenient Grace」!!
手書き丸出し大いに結構!!





しかも7月に兄貴のツアーで訪れた
f:id:niichan-v:20150926221758j:image
Cube Garden(*^ー^)ノ♪
同じ場所と言う事で間取りは省略。まぁだいたいロフト付きのワンルームぐらいなモンですね。



とりあえず昨年の前回のアレをアレしてくれたまへ!





……っとその前に!!




f:id:niichan-v:20150929193127j:image
新譜の「TOPAZ」について。
ライヴ後なので既にメンバーのサイン済み(ノ´∀`*)
いつもなら新譜が出た瞬間レビューを書いてその毒舌っぷりに癒される方も全く居ないとか、なのですが今回は敢えて書きませんでした。

何故なら………
初回限定盤特典のライヴDVDが………。


確かにJupiterらしいライヴの雰囲気で良い。

……ZINよ!!また「後天性○川晃司症候群」、略して「モニカ」に侵されてるではないか!( ´_ゝ`)
普通に歌え!!www

いきなり「The Birth of Venus」の歌い出しの「There's a flame that will never die」が
ぜぁ~ルペイ だぴねぇ~パちゃ~い
にしか聞こえん(笑)
その後の
きゅーろぃ~ちぇんしちゃ~てぃりゃーぉ
なんて完全に解読不能。
歌詞カードみるとここはどうやら
黒い天使達が
に相当する様である。
そして「Red…………
おっと、どうやら口が過ぎてしまった雰囲気ですな。 

新曲の3曲は、
☆TOPAZ~ミディアムバラード風 
☆lolite~おてる感 

とバラエティーに富んだ作品。
詳しくは後程(*^ー^)ノ♪







そして!






f:id:niichan-v:20150928201935j:image
1.57倍増量!!(当社比)
当然7月の兄貴のモノホンな巨大アタマを意識しての状態です(^^)d


………これ、



f:id:niichan-v:20151013203031j:image
懐かしのこの頃を思い出すなぁ( ´∀`)
この当時は全然知らなかったけどなぁ( ´∀`)


いつも僕の変身をサポートして下さる
美容室 NINAhttp://nina-nina.jp/
HIDEさん、ありがとうございます(*^ー^)ノ♪
歯の治療、頑張って下さい。
 




さらに!

今回は我が姉御であるナオミさん→http://s.ameblo.jp/vivid-niichan/entry-11940922240.html?frm=theme
と共に参戦( v^-゜)♪
何となく一人で乗り込むより安心感があります。
にも関わらず、当日は近くの駅で待ち合わせ、外に出るやいなや真逆の方向に突き進むと言うド方向音痴炸裂( ´_ゝ`)w
恐らく僕達は東京や名古屋には住めません。

何とか開演時間には間に合いましたヨ。はい。

んでいつも通り入口でワンドリンク代を払って入場。










f:id:niichan-v:20150929183834j:image
?( ´∀`)?

入る所間違っ………

てない!Σ( ̄□ ̄;)
なんぢゃあぁぁぁこの少なさ!!(;゜∀゜)
ホールの1/3ぐらいしか居れへんやん!!
ヨユーで前線逝けるやん!!!
でも上手はひぃたんに触りたい軍団のカオス地帯につきギッチギチやん( ´_ゝ`)w

いやマジで。マジで?!

あかん、混乱しとるわ。

という事で若干下手寄りの真ん中付近で悠々と位置取り。メンバーにこんなに間近にスイスイ逝けちゃう所なんてここ位だろうな~。
入口の人に動員を聞いたら、
ピー人いピーぐらいですね~」
と放送出来ない事を言っていたのでお察し下さい。






今回もセトリ後書きにします!
兄貴の回のレポートが評判良くて調子に乗りたいお年頃なのです!( ´∀`)♪むふ
しかも2回に分けずにこの記事だけで終えてやりますので、長過ぎて途中で貧乏ゆすりが止まらなくなる方も居ないかもしれません。



とにかく言いたい事は、たとえその店のオススメラーメンが「みそバターコーン」だったとしても、実は「しょうゆ」が一番ウマかったりする事もあるのだ!



と言う事です( ´艸`)





ーーーーーーーーーー





開演前恒例、ゆきおちゃんの音合わせのスネア音やおてるの音合わせにしては恐ろしい早弾きが聞こえるも、客数の圧倒的少なさに切なさが募る。
本当にこのまま開演………???

あー、マジ切なめ。
照明暗くなって来た~…………



SE-Introduction-が流れる。
やっぱこのまま始まるのか~( ´_ゝ`)
本当、Jupiterメンバーに申し訳ない気持ちとこの地の過疎っぷりに寒気がする。

いつも通りの順番でメンバー登場。マーシーのデカさも見慣れてきたので、例えCube Gardenの天井にアタマ擦ってたとしても驚きはしないぜ。

そして今回のZINの髪型はどうしても
f:id:niichan-v:20150930145631j:image
耽美派自称ヴァンパイアのあの方に寄せて作ってるとしか思えない。
まぁ似合ってるから良いと思うよ( ´∀`)



SE-Introduction-の終わりかけ、メンバーが揃ってさあ!
1発目は何が来るかな、って今回はだいたい最初と最後は予想付くけどな!

ぴぎょへ!










1,The Birth of Venus

まあ予想通り、始まりに最も相応しいこの曲でスタート。
「女神の誕生」の如く光るイエローライトが凄く良い!( 〃▽〃)
スピード感溢れるAメロ入りで
Z「いくぞぇ!」
客席ノリノリ(* ̄∇ ̄)ノ♪♪
数が少ないとは言え今回は完全に少人数精鋭感がある!殆ど客席全員ヘドバン&逆ダイ&華のタイミングが完璧。もの凄く教育された感があって一体感がハンパ無い♪ヽ(´▽`)/

の中で我々はおとなしく観ている訳ですが(笑) 

多分、前にひぃたんTwitterで客席のノリに対してそんな事言っちゃって大丈夫か?!的なコメントをしていた影響もあるのでは無いかと思っております。

でも全力で「魅せる」のがJupiter! 
ひぃたん出る出る!客席に吸い込まれそう!
ZINの中途半端なグローブが気になるが、まさかそこまであの某耽美派自称ヴァンパイアのあの方に寄せてる訳では無いだろう。気のせいやな。うん。





全員でメロイックサインを掲げ、一体感を持続したまま



2,LAST MOMENT 

前回少し残念だったが個人的にJupiterでNo.1と位置付けしているラスモメ( ☆∀☆)♪
2発目という素敵なセトリにテンションup↑↑↑
この曲も客席のノリが完璧で
「そ・ら・へ ま~↑いあ~が~れ~」
のジャンプが見てて壮快(*´-`)
しかも原キーの為聴き応えがあった!
ジンの高音はかなりキツそうだったが、今回はベース音がとても良く響いているし。
そして何よりゆきおのドラム音がデカイ
兄貴のレポートでの某美麗ドラマーの爆音は記憶に新しいが、どうやらこの会場自体のアレも関係しているのかな、と。
でもあの位置に居ながら、上手のギター音が余り聴こえない( ´,_ゝ`)
下手のもビミョーで、どうしてもリズム隊の方にバランス寄ってる気がする。





ここでZINのSMC。

Z「会いたかったぜハロー!」

……「ハロー」?!
これも確実に「ボンジュール」意識したフレーズに違いない。違和感満点。
あと何話したか良く覚えてないが

「自由に楽しんで下さい!」

って言ってたのが印象的。先程のひぃたんTwitterの件もあっての発言では無いかと深読みしているのだが、まぁ要するに
「無理してノリノリでアタマ振ったりしなくて良いからそれぞれの楽しみ方で観てね」
って事を強調したかったのだろう。

 

次の曲へのサウンドが流れる。



…………?
これ何だっけ…………?






3,SACRED ALTAR

久々に聴いたら最初のストリングスだけでは気付かなかった( ´_ゝ`)
最初リフの早弾きで
《あ!これ何やった?!》
となったがサビで謎にファルセットになったあたりで
《あ!これ聴いたコトあるわ!》
となり、しかし曲名思い出せず、帰ってから音源漁ってようやく判明。
如何に普段CDという物をかけていないか(笑)
それにしても客席の逆ダイ凄い!
少人数精鋭の一体感ハンパ無い(°▽°)!



多少の煽りからの





4,B.L.A.S.T

攻めるねぇ(*´∀`)♪
やっぱこのノリ勢いあってのJupiter! 
ひぃたんも客席に半ダイブ状態でちゃんと弾けるのか心配だったがそこまで呑み込まれずに済んだ模様。
ZINのデスヴォイス&サビのクリーントーンも良し、どうやら「モニカ」の心配は無さそう。 
そしておてるの衣装の薔薇が顔より大きいのがいい。今回の衣装はみんな良い感じ( ´∀`)





5,lolite

さらに攻める新曲(*^ー^)ノ♪
おてる作曲だけあってテクニカル!

それにしてもやっぱドラムの音がデカい
そして音源のイントロでも妙にサイケな音が入ってるのが気になる点、個人的には「Scarlet」の方がストレートで好みかな。


ここで
「激しくせめるぜー!」
とか何とか言うMCがあって





6,氷の中の少女


昨年の会場限定販売のシングル、それから約1年経ち……

育った!(*´∀`)♪

最初はぶっちゃけ、シングルにしてはパッとしないという印象だった。

時を経て1年後、秋の札幌。

……素晴らしきヘドバン曲!(°▽°)
ライヴでのノリ感が音源には無い華美さを生んでいる!
でも上手の音が聴こえない!(ToT)w

でもひぃたんのくるくる回る動きが調子の良さを伺わせるので良しとしよう。





曲が終わって何やらストリングスの音色………







ああああああああああああああああ!!!








7,Red Carnation

やっぱ演るのかこの曲ー!!!
冒頭で「モニカ」のお話はしましたが、先のDVDを観て不覚にも大爆笑してしまったのがこの曲の「ヴィクトリア」部。
イントロとかその他の部分は嫌いじゃないけど……
ライヴでのこの部分、ZINは確実に変なクスリをヤっているので完全に閲覧注意

敢えて細かくは書くなし( ´∀`)





そそくさとメンバーが捌けて………
あれ、ひぃたんだけ残っとる。これはソロやな。今回はドラムソロ無しっぽい。
SEが流れる中おがみポーズで待機(-人-)





8,Church Candle 

「ふにゃ~」って言うイントロが中華風味なインスト曲。ひぃたんソロ。

そういえば、Jupiterとしての活動もそこそこにひぃたん
f:id:niichan-v:20151005194156j:image
ヨーロッパと南米をお散歩( ´∀`)♪
これ本当にギター1本持って独りで廻って来たのだから凄いよね。

そして
マーシー→兄貴のサポート
・ゆきお→ドラム教室
・おてる→「世界最速」との競演
と、楽器隊が色々な意味でのスキルアップを果たし





9,Rose Quartz 

次のこの曲へと繋がる。
流石の楽器隊(゜▽゜*)♪
インスト曲だけでも本当に説得力のある4人のクオリティの高さ。
それが余計に客数の少なさと相まって超絶切ない。
こんなに派手で豪華なメンバーなのに、それを観に来てる人間の数ったら…………

おてるがしきりに足元を気にしている。というかこの日はパフォーマンス的に少しおとなしい。機材のアレがアレなのかな。





MC 

ひ「*#☆∞※★ぁ!」


え??今なんて?(笑)


ひ「あれから一年ぶり、この間色々ありましたけど……ね~、ZINさん」

裏から焦ってZIN登場。

ひ「仕事や人間関係でツラい事あると思うけど、救いの中の1つとして音楽があったり、ライヴってのがあったり」
「僕達も好きな音楽をやってるけど楽しい事ばかりじゃない、どっちかってゆーと辛い事ばっかり!」
「まぁ色々あるけど僕達にとってはファンのみなさんの笑顔だったり、支えてくれる事だったり………こう、支えあう関係を強くしていきたい」

みたいな、割と愚痴に近い話を聞いて

Z「日頃の嫌な事吐き出してってくれ!」
という煽りからの




10,Darkness 

強制テンションぶち上げ曲!(°▽°)!
イントロでZINが「吐き出せ~!吐き出せ~ぃ!」
と客席煽り。
もうAメロからデスヴォイスで叫びまくりの客席ヘドバンの嵐の熱帯雨林
確かに暴れるには最適な曲かもなぁ~、と後ろで冷静に眺める我々。
かなり爽快ではあるが、この曲の良い所は不意のギターソロ
ずーっと唸り、暴れ、ギャーギャー言ってていきなりの「メロリン感」がたまらない。

「ピロリッ メロリッ テーレレレ テテテッ」

と、この落差に危うく骨粗鬆症になるぜ。
ZINのデスヴォイスはとても良い( ´∀`) 

「Uuuuuuuuuu~!!」と最後に唸ってからの





11,絶望ラビリンス

絶ラビ!(*´∀`)♪♪
Darknessからの絶ラビという脳震盪コンボはヘドバン野郎にとっては最高のディナーやね(゜▽゜*)☆☆
楽器隊の超絶テクも炸裂、「Divine judgement」部の煽りもジャンプで呼応………
て、コレ「X JAPAN」で言う所の「オルガズム」系?!
つまりは「Versailles」の「レッカペ」系?
て事は、30分ぐらい掛け合い&煽りを繰り返したりしちゃう系?!

「Divine judgement!」
「Liberate slaves!」
の繰り返し煽りを数回。
これは知らんかったなぁ~(´・ω・`)

て、曲数的にも本編ラストでも無いのにこの煽り方早くね?!(笑)
そろそろ終わりなのか?(笑)
ひぃたんも客席に呑み込まれてなかなか引き上げられないしおてるはいまだに足下を気にしてるし~

結局、無事に5回位の繰り返しで終了( ´∀`)


Z「自由になろうぜ!」
とタオルを用意。



あー、来たか~( ´_ゝ`)





12,Shining 

Scarletに次ぐタオルぶん回し曲。 
ひぃたんがぴょんぴょんするのは可愛いが、やっぱこの曲嫌い。

はっきり言うたるわ。
個人的に全く萌えない。学園ドラマの主題歌にでも使ってあげて下さい。
はい次。






ここで個人的にJupiterのNo.2が来た!( ´∀`)♪
テンション持ち直し!
この攻撃的リフは凄く好きなので数cm上手に移動。それでもギターの音は小さい気がする( ´_ゝ`)
ギターソロのハーモニーも流石、そして何故かこの日はドラムセットにメンバーが集まる姿が目立つ。あれはゆきおを寂しくさせない気遣いだろうか( ´∀`)
それとも何かひそひそ相談事だろうか。

と、気付けばこの3曲、アルバム通りの曲順だった( ̄ー ̄)
さすがに原キーのこの曲のサビはキツいのか、最後の「終わりなき理想郷(せかい)へ」の声がカッスカスになっていた(笑)
まぁ好きな曲だからいっか。





14,The History of Genesis

「Classical Element」に比べて音数は増えたがパッとしない印象だったこの曲。
ライヴで聴くと深い( 〃▽〃)♪
ウィンドシンセの音はやっぱり要らないが、Jupiterの奥深さを感じる。
でも無理して長い曲にしなくても良いよ。「Decadence」みたいに解りやすくて耽美な曲求む。 

ラストに「The Birth of Venus」のイントロを入れて本編終了(*^ー^)ノ♪





て、まだ14曲。アンコール何曲演るんかな~( ´∀`)





いざ、本編が終了して数分。








…………………








…………誰かアンコール煽れ!!www




以来、メンソーレを期待して会場入りしたと言っても過言!

約2分程の静寂の後、

「あんこぉる~」

おお!たぶんこの口火を切ってくれた女性は前回と一緒( ´∀`)!

ありがとう。
いつか もう一度
会えると信じて歌おう。

I sing your love.
I believe in you.
I'll… いつかまた
I want your love. 




なんつってる間にTシャツに着替えたメンバーが登場(* ̄∇ ̄)ノ
て、マーシーちらっと入れ墨が見えとる。ありゃタトゥーというより入れ墨( ・∇・)
さすがTAIJIに憧れてベースの道を突き進んで来た猛者。





15,TOPAZ

アンコール一発目で新曲。
音源でパッとしない曲がライヴで化けるパティーンは逆の裏切り感があって好きだが、多分この曲が一番映えた
サビでZINの声が裏返ったが、ライヴのメインバラード曲として充分、「Nostalgie」や「Luminous」以上の存在感を誇る事が出来る。
後は「モニカ」に侵されると「feel you」が「kill you」に聴こえるZINが普通に歌ってくれる事を祈るのみ。





MC

ここでひぃたんのMC。

「えー、ちょっとね、言おうか迷ってたんですけど」
「こう、ライヴ中でも元気一杯に弾いてくれてるてるくんなんですけどね、本場前に発熱するという」

!!(゜ロ゜ノ)ノ

それだったのか!!
足元気にしたりたまに浮かない顔してたのは!

「メンバーとも話してね、発表する事にしました。本来はね、プロとして、ファンのみなさんには関係無いんですけどね。そんなんも言って、共有したいと言うか」

と、おてるがずーっと
f:id:niichan-v:20151011233606j:image
こう言う「ゴメンポーズ」を連発。
確かにここに来て一気に顔色が悪い。

……なるほど!
ドラムセットの回りに集まったりひぃたんが何やらひそひそ話してたのはその関係か!

そしてZINが
「てるさんの為に気合いを~!」

みたいに煽って




16,Symmetry Breaking

ムチ打つ様なMETALLICAの「Battery」………ではなく「Symmetry Breaking」(* ̄∇ ̄)ノ
昨年よりも一体感が増し、ノリもジャンプも客席大盛り(*^▽^)/★*☆♪

てか、さっきのZINの一言でもあったが、ライヴ中ぐらいバンドの上下関係は要らないよな~。メンバーを「~さん」付けとか、わかるんだけどさ、その辺こっちが気にするよ。 



「ラスト!」





17,Blessing of the Future

やっぱこれかー!
もうVersaillesの「レベナント」並みの呪縛になりつつあるラストナンバー( ´_ゝ`)
そろそろ変えないと本当に二の舞になる。早く変更を。





で、今回は17曲で終わり。
何だか物足りない感じもするが、おてるちゃんの体調も心配だしこの後サイン&握手会もあるし( ´∀`)♪






ーーーーーーーーーー





いざ!
ライヴ後のサイン会へと駒を進める段取りですが

この時のリベンヂ!('ε'*)!
並び最後のひぃたんに「先制ボンジュール」を喰らわせる為この一年間毎日腹筋を4回ずつやって来た訳で!!

っと、どこでやるのか段取りがビミョーで20分程まちぼうけ。
相変わらず「我先に」感の薄い札幌の為すんなり前に並び、CD片手に待機。
今回はCDジャケットを抜き取ってサインを貰うスタンバイ。



…………



そこで?!Σ(゜Д゜)




f:id:niichan-v:20151001182415j:image
力いっぱいトイレ前
しかも当日は雨ぎゃんぎゃん降りムイサーな状態。
ホールでやろーよー( ´_ゝ`)
おてる熱上がっちゃうよー( ´_ゝ`)

と心の中でネチャネチャ言いながら
「では最初の方どうぞ~」

診察かよ!

まぁ何事もなくスムーズに流れてくれれば


……………



はぶらっ!Σ(゜Д゜)




f:id:niichan-v:20151001191320j:image
いきなりひぃたん?!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
今回の並び順は特殊やな~………

とメンバーが見え隠れする位置に来ると
今回はゆきおとマーシーがニヤニヤ(゚∀゚*)

さぁ、逝くぜ…………








に「ボ……」
ひ「Ohhぅ!ミスター・KAMIJO( ´∀`)♪
 
(ひ、ひるむな耽美派…………!) 
に「ボ、ボンジュール!」
ひ「ボンジュールです( ´∀`)♪♪」

《………かわゆ(*´ω`*)…………っと》

ひ「ありがとうございます( ´∀`)♪♪♪」

って太っ!!(゜ロ゜ノ)ノ
ウデ太っ!!!
ソフトな握手そこそこに、その腕の太さに驚愕。
鍛えてるのかプヨプヨなのかは判らないがとにかく冗談抜きでおてるの倍はあっただろう。女形って維持するの大変よね~( ´_ゝ`)





続いて……

ゆ「ぁ゜っ!どもどもボンジュールです」
に「ボンジュール(*・ω・*)ノ」
ゆ「今年もありがとうございます

ゆきおちゃん覚えてたー!(*´∇`*)☆

に「ぁ、今年も札幌来てくれてありがとうございます( ´∀`)」
と一年ぶりの再会に感極まる事は無く( ´∀`)





会話中にゆきおちゃんがいつの間にかCDジャケットをスライドさせていた為さっさとサインして「はい次」モードのZIN。
軽く握手してマーシーへ。





マ「あ!KAMIJOさんの!
に「!」

マーシー覚えてたー!(*´∇`*)

しかも7月の兄貴の時からちゃんと見ていたらしく
マ「それ、目立ちますよ!( ・∇・)」 

《だよねー( ´艸`) 他に見た目凝ってる人間ほとんど居ないもんねー( ´艸`)シメシメ》

に「ありがとうございます( ´∀`)また待ってますよ!」

とまさかマーシーとの会話が弾むとは思わずテンションが上がる横で





て「(グッタリ)」
に「だ、大丈夫~?!みんな心配してますよ」
て「ぉご、大丈夫です ゴメンナサイ」

《「ぉご」て!「ぉご」って言うたやん今~!》

に「お大事に、また来年!」





と、無事に終えて帰宅しましたとさ( ・∇・)♪





ーーーーーーーーーー





いや~、それにしても………




凹むわぁ~( ´_ゝ`)(´・ω・`)

本当にシャレにならない客数。こっちに来れば来るほど赤字なのではないか。
そうなるともう来てくれなくなってしまうのではないか。

あ"ー!

ダメダメ。本当にもっと認知度上げてこんな小さいハコぐらい満員にしなきゃ!

やっぱもう一回バラエティーにでも出てお茶の間に親しみ易さをアピールすべきなのだろうか。

圧倒的な演奏力があり、華美さがあり、キャリアもある。


なんでだべか。( ´_ゝ`)


今後は自分自身も色々活動していく予定なので、不安まみれの淡い妄想が広がった1日でした。

来年は増えると良いなぁ~( ´_ゝ`)





という訳で!





今宵も最後までお読み頂き誠にボンジュール!(°▽°)!





今後もJupiterを注視しながら、新譜レビューやら色々更新して行きますので宜しくお願い致します(*・∀・*)ノ



マイペースに。









MC抜きのセトリを最後に(* ̄∇ ̄)ノ



1,The Birth of Venus
2,LAST MOMENT 
3,SACRED ALTAR
4,B.L.A.S.T
5,lolite
6,氷の中の少女
7,Red Carnation
8,Church Candle 
9,Rose Quartz 
10,Darkness 
11,絶望ラビリンス
12,Shining 
14,The History of Genesis

アンコール
15,TOPAZ
16,Symmetry Breaking
17,Blessing of the Future












アヂュー





近況報告&重大発表・秋

お久し武士!ぶしぶし!


ブシュッ!っはあ~


ドロッ





あ、ども、薔薇の葉柄の末裔ですけども。





てな訳で、ここ1ヶ月近くも更新しておらず、中には
「ついに耽美派として祖国であるマケドニアに凱旋帰国してしまったのではないか?!」
とか
「コンビニ行ってくると言って家を出て以来行方がわからなくなってしまったのではないか?!」
と心配された方もいらっしゃるかとは思いませんが、色々近況報告を。








f:id:niichan-v:20150927150831j:image
ずぴたー!!!( ´∀`)♪

9/26(土)札幌Cube Gardenに参戦して来ました( v^-゜)♪

いつもの如く耽美極まりないレポートを編集中ですのでご期待下さいませ( ^∀^)☆





そして11月にとある試験を受ける旨をお伝えしましたが、正確には10/27でした( ´,_ゝ`)
これわマジで勉強せなあかん………

本職の方はシステムがアレコレ変わってゴタゴタして今は少し落ち着いた感じです(^^)v
ようやく記事の編集に取り掛かろうと思っていたのですが、その試験勉強の為、ずぴたーのライヴレポが完了次第また暫くお休みします( ノД`)







そして重大発表です。










実は私、「にいちゃん」は…………

























在日日本人なのです!!!!!

























え?オモロない?

いや~スミマセンねぇ~、何せ久々なモノで
щ(゜▽゜щ)
ちょっと嫁を貰っただけなんですよ、ええ。































f:id:niichan-v:20150927184650j:image





















実際に入籍した訳ではありません( ̄ー ̄)
ただ、今後の人生で欠かす事の出来ない人に出逢えたと言う事です。

思えば永遠の耽美派として永らく独身貴族を愉しんで来た訳ですが………

おっと、他人のオノロケ話ほどウザいブログは無いので経緯は割愛( ´,_ゝ`)








では、我が妃を紹介致します。
















f:id:niichan-v:20150927191106j:image
「茉莉真楼(まつり・まろう)」

Twitter: @marrowmerrow

・アメーバプロフィール

・バンドHP

・通販

〈参加ユニット〉
・NiActivity(東京):Vo.
・NSF(ノットストレンジフィア) (東京):Vo.
・ぢょ〜Ya(SHOW-YAコピー)(札幌):Vo.
・限界少女(SHOW-YAコピー、ガールズ)(札幌):Vo.
・DWF(ダミーウィズフレンズ)(札幌):コーラス

※NiActivity ft.MARROW / Silence [Official Preview]#ヤツコアV4"

※"2015 4/4 Not Strange Fear 2nd LIVE at shinjyuku Live Freak



我が地元・札幌市を拠点に、「ビードロギニョル」というガールズバンドを創り音楽活動をしております。
音楽の方向性としては「犬神サアカス團」や「陰陽座」に近いでしょう。
僕自身も人の事は言えませんが、独特な世界観を持ち、夜な夜な百鬼夜行に繰り出しております。

出逢った時から現在に至るまで、本メンバーが脱退していた為ライヴ活動が出来ず一人でビードロギニョルを護って来ておりました。

この、自分の魂とも言うべきバンドを再始動させる為、そして一人のヴォーカリストとして生きる為、周りの力が必要不可欠なのです。

札幌に居ながら東京での音源に参加する程、その歌声を求める人も少なくない。なのにこのまま埋もれてしまうのは余りにも勿体ない。

「だからもうちょっと、やってみようぜ。」

と、自分の事もそっちのけでこれからの展開を考える日々なのです。


短い月日の中で、僕達は何よりお互いの全てを赦し解り合える存在となりました。闇を共鳴し合い、紅蓮の炎を内に秘め、光を目指して共に前進する。

とにかく「真楼」の歌を聴いて欲しい。
「真楼」の詩を体感して欲しい。

と言う思いで、これから先、僕は「プロモーター」とでも言いましょうか、「プロデューサー」とでも言いましょうか、まぁそんな感じで活動して行きます(* ̄∇ ̄)ノ☆



モチロン!!



自分自身のギタリストとしての野望も持ち続けております!
もしかしたらビードロギニョルのガールズバンド路線の中、1人「オカマ」と化してギターかベースを弾く事になるかもしれません!( ´艸`)





東京都を除けば、札幌は人口200万人近くを抱える日本第4位の都市。にも関わらず、昔に比べると「バンドやろうぜ!」的な熱は圧倒的に低く感じます( ´,_ゝ`)
先のJupiterライヴにて痛い程それを感じ、この地での過疎っぷりにハンパ無い危機感を覚えました。
上を志す者はこぞって東京に進出し、特にV系シーンの温度差は異常であると言えます。

しかし、必ずどこかに居るハズ。

まだ見ぬ次代への原石が。



これから僕は本職をしっかりやりながらも、真楼と共に発掘して行きます。

そして良いものを創り、各媒体を通してこれから徐々に発信して行きたいと思っております。




今後とも何卒、当ブログ並びに茉莉真桜のブログを宜しくお願い申し上げます!(*・∀・*)ノ

















にいちゃん


耽美的料理論 7th impact


f:id:niichan-v:20150827223724j:image
久々の耽美的料理論!(*´∀`)♪






f:id:niichan-v:20150827223800j:image
と言う訳で

え゜?
このカリスマ性の塊の様なスタンプは何かって?( ´∀`)



まぁ当然皆様は即買いしたかと思いますが




f:id:niichan-v:20150827223945j:image
兄貴のLINEスタンプ!( 〃▽〃)☆☆☆

これは使うでしょ!(*ノ▽ノ)!
もうバナナを得たゴリラの如くスタ爆の日々でしょ!!


はい、こちらをお読み頂いた方は購入決定ですね(^^)d
そしてカラオケに行ったら
Presto→Sacrifice of Allegro→Royal Tercetの流れで歌いましょうね。あ、歌わなくても流すだけで結構ですのよ( ̄ー ̄)









それはそうと




f:id:niichan-v:20150827224230j:image
○ーソンでドーナツを買い続けた結果、無事にこちらを入手してしまいました( ´∀`)♪
今回早速盛り付けには使わない予定です☆









そんなこんなで恐ろしく手の込んだモノを作りますん( ´_ゝ`)












《材料》


f:id:niichan-v:20150827181546j:image
ついにこの時が来たのです。
ジェノバの海に愛されし神童と呼ばれた僕がついに、パスタを手にする時が。
何のこっちゃ解らない方はとにかくアメーバの記事から全て読み丸暗記して下さい。

逆に初登場のズッキーニ司令官!(´∇`)
普段りーきゅーに慣れ親しんでいる方は、彼がカボチャの一味である事に焦りを覚え上着を脱ぎたくなってしまうかもしれません。でも朝晩は冷えますので必ず12/28はZepp Diver Cityに行きましょう。

後はシロマティが来日しておりますので心配ありませんね( v^-゜)♪

以前登場した柚子こしょう、今回も活躍しますので略して
柚子こしょう
と呼ぶ事にします( ´∀`)

















では!







まずは司令官を!

















f:id:niichan-v:20150827181629j:image
ギターのヘッドにします。










 







(迷わずに!)












逆転の発想を好む方は












f:id:niichan-v:20150827233211j:image
ハイスピードでパスタを弦にして!










f:id:niichan-v:20150827233230j:image
エフェクターに繋ぎます。












(音出ねぇ!)












てゆーか!













f:id:niichan-v:20150828191628j:image
ついに一人前のコンロをゲッツ!(*ノ▽ノ)♪
耽美的料理論をこよなく愛して下さる方々は、今までのカセットコンロから一気にグレードアップしてさぞかしヨダレが止まらない事と思います!(*´р`)
ご安心下さい!
後ろの花柄のアレもろとも借り物です!(゜∇^d)!













f:id:niichan-v:20150828192624j:image
さ、とりあえず卵を茹でてみましょう。
今日は3個ありますが、1つは半熟で取り出します(*^ー^)ノ

















f:id:niichan-v:20150828214655j:image
はい。半熟です。
これでは後で並べた時に解らなくなってしまうので何か印をつけておきましょう。












f:id:niichan-v:20150828214849j:image
バッチリ!
「半熟」の卵に「完熟」( ´∀`)♪
背徳の瞳〜Eyes of Venus〜やな。










f:id:niichan-v:20150828222305j:image
入れるタイミングでヒビが入っているとこのようにエクトさん放出という歴史的瞬間が訪れます(°Д°)☆
先程半熟の卵に「完熟」と書いてしまったので、当の正統派茹で玉子には













f:id:niichan-v:20150828222947j:image
これで。
あ、ノークレーム・ノーマネーOK?で。











f:id:niichan-v:20150828225012j:image
さ、下ごしらえしますよヴィクトリア。
まずはエフェクターを繊維に逆らって薄く刻み






f:id:niichan-v:20150828230359j:image
ブロックベーコン、略して「ブベー」を拍子木斬りに。






f:id:niichan-v:20150828230419j:image
「拍子木斬り」で合ってるのか?
と自問自答しながら司令官もそれなりに。






f:id:niichan-v:20150828231117j:image
「材料」の時に司令官の上部にあったのは「にんにくマン」です。3~4欠片ほど。
細かく刻みながら
「にんにくバスター!(°▽°)!」
と叫びましょう。
ただの迷惑です。












f:id:niichan-v:20150828231608j:image
味付けは
・柚子こしょう 小2
・しょうゆ、味噌 各大2
をお湯30cc程度で伸ばした







f:id:niichan-v:20150828235824j:image
泥水で攻めます( v^-゜)♪






ここで!






f:id:niichan-v:20150829085159j:image
新兵器紹介!
87cm深底フライパソ( 〃▽〃)♪♪
これは借り物じゃないっス。はい。
デカイのでパスタもヨユーで200gいきましょう!( ´∀`)

















f:id:niichan-v:20150829133328j:image
300入れちまった( ´_ゝ`)
一体何人前になるのか………
















f:id:niichan-v:20150829133534j:image
パスタが出来たらその辺に撒き散らしておき、我が料理論の大黒柱、ゴマブラアを召喚します( ´∀`)
色々と試しましたが、こちらのゴマブラアが香り高くて気に入っております☆


















f:id:niichan-v:20150829141308j:image
早速投入してエフェクター&にんにくをコラボさせ中~弱火でじっくり炒めます(*´-`)
この時にんにくの約半分の量でしょうがを足して











f:id:niichan-v:20150829141423j:image
司令官呼び~の











f:id:niichan-v:20150829141447j:image
ブベー混入し~の











f:id:niichan-v:20150829141512j:image
お好みでラー油振り~の














f:id:niichan-v:20150829144650j:image












(R-1観て!)












f:id:niichan-v:20150829141559j:image
ある程度香ばしくなって来たらシロマティ&泥水を投入し












f:id:niichan-v:20150829213419j:image
さっき撒き散らしたヤツをMIX!!
EDMバージョンだ!(*´▽)ノ♪
ぅおおおおおおおおおおおおおおお!












とテンションがブチ上がってるうちに












f:id:niichan-v:20150829220210j:image
こうなりますね(о´∀`о)
ここで先程の完……半熟さんを連れて来て






















f:id:niichan-v:20150830085323j:image
ONザ司令官( *・ω・)ノ♪

からの!

















f:id:niichan-v:20150830192020j:image
トロッ(  ̄▽ ̄)☆
これがズイマーな訳が無い!( ´∀`)☆

今回は色モンに頼らずもう一品














f:id:niichan-v:20150830192216j:image
とりあえずブベーをこんがりミラノ風に。
その辺にあるりーきゅーとかスーレタとかミズナーとかを拾って来て













f:id:niichan-v:20150830192322j:image
冒頭のキティちゃんプレートに並べてブベーを天空から落下させます。
ここで登場するのが先程のナイキ(*・∀・*)ノ
スライスして?











f:id:niichan-v:20150830192743j:image
サラダ!(゜∇^d)!
これだけじゃ終わらないぜ!( ´∀`)












f:id:niichan-v:20150830231516j:image
やっぱコレ!


からの!











f:id:niichan-v:20150830231709j:image
裏技!(*´ω`*)
このサクサク感と薫りが












f:id:niichan-v:20150830231811j:image
斉藤♪(o・ω・)ノ))
おっと失礼
最高です(  ̄▽ ̄)♪















f:id:niichan-v:20150831144240j:image
まぁ若干喰い散らかしてからサラダの製作に取り掛かったので許してちょんまげ。















という事で!















ヘドバン最中の顔をスロー再生で観るのはやめましょう( ´艸`)☆


















次回もお楽しみに( ´艸`)















ブベー

KAMIJO World Tour 2015 -20th ANNIVERSARY BEST- JAPAN / 札幌Cube Garden ②

アツはナツいなぁ~ アツアツぅ~( ´∀`)♪








続きでし(* ̄∇ ̄)ノ♪

ちなみにこちらの②の方が圧倒的に長いですが、気にしてたら前に進めないぜ!

アディオス!(°▽°)v










f:id:niichan-v:20150813193427j:image










「ぢゅってーむでぇ~す」

の後はゾロゾロと楽器隊がはけて行き兄貴が1人でMC。

「もしも生まれ変わるとしたら、皆さんはまた、自分になりたいですか?また自分として、人生を歩んで行きたいと、思いますか?僕は、また自分になりたい。これだけ多くの方が、ファンの皆さんが応援して下さる、KAMIJOというミュージシャンとして、また生まれ変わっても、なりたいと思います。」 



と感動の嵐に巻き込んだはずが台風の目の部分に入った様に物静かになってしまった会場へ向けて独唱する模様。

このパティーンなら「Love will be born again」あたりかな?喉の調子を整える曲が来る事は間違いない。



………



………?



またイントロ聴いたコトねぇ………?



はっΣ(゜Д゜)
これは!





「ま~ふゆのう~みに~…」

あの人の愛した人なら」か!( ゜o゜)
一音下げてちょいアレンジしてたから気付かなかったわ最初!
でも聴きやすいし音程も大丈夫だし、万が一サビで
「この~ へぁなのぅいみうぇあ~」
を繰り出されても予防接種はしてあるから大丈夫。

どうやらアナ達も静かに見守っている模様。ナヨvoiceは無かったもののこれからLAREINEゾーンに突入なのか~………? 



曲が終わり、フランス貴族のお辞儀をしてバックステージにはける兄貴。

一度暗転し、少ししてからスクリーンに画像が。
「時を破壊せよ」のモチーフなのか色々凝ったムービーが上映されている。
途中でVersailles時代のサントラ類が流れ、この後の展開への期待が膨らむ一方(*´-`) 


 
約5分程上映してまた暗転。





…………………………………ゥォーォオー……………
………………ゥォーォオー………………





!!!!!!!!!!!!!!!!





キターーーーーヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノーーーーー!!!!!!!





これは紛れも無くBastilleのコーラス!!!(*≧∀≦*)!!!
そしてバスドラのリズムにテンション200%アップ!!!↑↑↑↑↑↑↑↑↑

期待を込めて予想セトリに入れてはいたがまさか本当に演ってくれるとは思わなかった!!( 〃▽〃)♪♪♪


…ゥォーォオー………………ゥォーォオー………


とゾロゾロ出て来る楽器隊。
「ゥォーォオー」が流れ続ける限りフロント3人でメロイックサインを掲げ続け、何かを待っている様子。



「……The タァ~~ぃむ has come……」

お!兄貴の声や!いよいよ
この姿でお目見えの瞬間か?!( ☆∀☆)
伝説の騎馬戦をこのCube Gardenで発動してしまうのか?!(/▽\) 



「我らの腕で~ 我らの為に~」
(まだか。焦るな俺。うん。)



「……フォろぅ~~~~~ the king……」
(まだか。でもあと1フレーズ?早く出て来ないと間に合わんぞ~……?)



「さぁ後につ~づ~け~ 悪魔を討ち取れ!」
(え"っ!!どこや………?どこで声出してる~……?)



「Destroy!!!」



上だ━━━━ヽ(゚Д゚ )ノ━━━━!!!



兄貴が2階席におるーーーーー!!!

最初に居た位置では2階の様子が見えない!
前線に移動!٩(・`Д´・)۶

いや~、ヤラレタ。まさか2階を利用してくるとは!さては兄貴、関係者だな?!(°▽°)

「The feat is mine!」 
「The feat is yours! 」
のあたりでそそくさとステージに戻って来る兄貴。
「Destroy the Bastille!」の逆ダイはホール一体となっていて爽快な眺め(* ̄∇ ̄*)
アナ&エルサも柵を巧く使い全力!
アナに至っては謎に右手を伸ばして目の前の「何か」にツッコミを入れている様な逆ダイ( ゜o゜)w 完全にとり憑かれた感じが凄く良い。

「Destroy the Bastille!」の連呼中に
「そんなもんかシロクマ!!」
といつものネタをブッ込む兄貴。やっぱこれは外せない模様。
そして曲終わりの最後の「Destroy the Bastille!」の後にさらにマイクを向けアカペラで

K「デストロイザバスティーユ!?」

「……っデストロイザ」
「…っあバスティーユ

K「バラバラじゃねーか!

と客席がしっかり呼応しなかった微笑ましい空気の中MCへ。





「ここで……エネルギーのつく話を1つ。…………誰だ笑ったの?大丈夫、笑う話だから」

と喋り始めた途端にクスクス言う客席。兄貴のMCは全く纏まってないというのが1つの醍醐味なので、出来るだけメモを追って忠実に再現する努力はします( ´∀`)

「僕ね、ワサビが苦手だったの、でもね、今ではワサビ無しでは何も食べられない」
「仙台の後、シンヤ君と一緒にお蕎麦を食べたんだ。勿論そこにはワサビが付いてくるよね。あの、だいたい小指の第一関節くらいの。勿論全部入れたよ。ワサビが大好きだからね。そうしたらね」

「ツーーーーン!!!っ」

「その姿を見て、シンヤ君が声を出して笑ってくれた。嬉しかった。ここにツボがあったのか、と。でも、シンヤ君の『つゆ』の色を見たら、同じ位の色をしていたんだ。さては……同じだな?!」
「笑ったのはコイツもやっちまったのか、の笑いだったんだな、って」

「次はワサビ……というかハバネロ級の曲だ。」


……………


エネルギーついたわぁ。






「…………何だっけ?」

マーシー「?!(;・ω・)」

と突然無茶ブリを繰り出す兄貴。つか本当に忘れた模様。しかしすぐ横のダイシの様子を見て気付いた様子( ´∀`)





アコースティックギターに持ち変えたダイシがラテンの風味を醸し出すHEELがスタート。

この曲は何となくVersaillesの「Catharsis」を思い起こさせるなぁ( ´∀`)
でも新曲が故、手拍子のノリが何となく合わせ辛い。慣れるには時間が掛かりそうだが、定番の曲になるかどうかは疑問。
やっぱ今アルバムの「新曲」はどれも弱い。アルバム「Heart」でいう所の「追憶のモナムール」や「Heart」みたいにシングルカット出来そうな曲が無い。 

「ひれ伏すこうべ 牙はハイヒール」
と完全にHEELというタイトルに掛けるという奥義を繰り出したり、

「フゥ!」
f:id:niichan-v:20150814192814j:image
マーシー「フゥ!」

と不慣れな絡みを繰り出したりノリを作り出すのが難しい感じ。
そして、「ハモリ」は誰か後ろで合わせて歌ってるのか?
って言う位絶妙で巧い。曲中のハモリパートが完璧なお陰で兄貴の歌が更に巧く聴こえる。






次の曲………

とここで新たな名言誕生!(  ̄▽ ̄)


「子羊ちゃんたち、ジンギスカンにしてやるぜ!」


からのDying-Table
「ゥォォオオオオオオオオオ!」
からのコブシ突き上げまくり!(* ̄∇ ̄)ノ
イマイチ流れにノれて無い人を無理矢理引っ張って来るには最高の曲かも( ´艸`)
この曲は意外と万能で、セトリのどの位置に持って来てもテンションが上がる↑↑
この流れで「Sonata」も聴きたいなぁ~( ´∀`)
耽美主義者だからなぁ~( ´∀`)

 



と、終わってからSMC。どうやら熱く燃えるような血は飲み干さない様子。

「1998年、僕の音楽の土台が完成しました。その、土台となった曲を贈ります」



?( ・ω・)?



…………これは……………………



憂いの花が綴る愛やな!
まさに90年代丸出しの、現在の貴族のコスプレにアンバランス極まりないあの曲やな!

何となく予感がしてたので下調べ済み。

 
今回のツアーでもセトリから外れない、兄貴の想いが詰まった曲らしい。確かにLAREINEが初期に出したシングルに集録されている曲だし、「オスカル路線」を確固たるものとした作品ではあるのだろう。 

前曲で半狂乱だったアナ&エルサは深く聴き入って居る様子。多分そんなにみんな聴いた事なさそうなリアクション。
でも、今回20周年を迎えた記念の2枚のアルバムによって、LAREINEの曲を全部聴いてみたいと思ったのは僕だけではないはず。やはり、LAREINEは偉大なのだ。ロマンスなのだ。おメルヘンなのだ。
 




てな事を考えてたら曲が終わって怪しいシンセのイントロが…………





 .....∑ヾ(;☆ω☆)ノギャアアーーーーー!!!





fiancaillesキタ━━━━━━!!!!!

以前の『20th Anniversary All Time Best ~革命の系譜~』レビューにて無事に逝かされた経験を持つ私としては、今宵事務次官並みの冷静さを以て挑む所存でございMAX!(°▽°)!←既に事故気味

でも「ヴァンパイア・KAMIJO」としての歌声を貫いて来ているので昇天の可能性は限りなく低いな。
「愛してたー」の掛け合いも無し、サビのエグさもかなり軽減され………

………セルフサービスか!(笑)
薔薇が絡まっているマイクスタンドを自分でセンターに持って来た兄貴( ´∀`)
せめてスタッフが動け。察知せぇ。

この曲あたりからアナがピクリとも動かなくなりました。はい。





無事に召される事もなく、曲終わりにすぐさま薔薇は美しく散るに突入!(* ̄∇ ̄)ノ

伝説の名曲をアレンジし、鬼の様な超絶テクを施した「シンフォニック・スピード演歌」。
この曲でも水を得た魚の如くシンバルを叩きまくるシンヤ!( ´∀`)
と間違えない様に慎重に弾くメク。
そしてマーシーの響きまくるベース音。

あのサビのアイドル風味な振り付けは覚えるべきだろうか……
やっぱあのオスカル風味の人がナヨリーヌかつクネクネ歌うからこそしっくり来る曲だけに、貴族がブリブリで演ってしまうと違和感が拭えない。





「ラスト!」





おっ!
ここで本編終了か!
今までで15曲?もしかしたらダブルアンコールあるかも…………!





と一瞬考えているうちにRoyal Blood (・∀・)ノ

まぁ本編のラストとしては良いか。ライヴのラストとしてはイマイチ締まらないし。

って思い出した!

これ、「GLAY×EXILE」の「SCREAM」っぽくね?!
まぁWANDSっぽいとも言った予感がするが、歌い出しに
「Human is a stupid creature. I replace it with a Royal Blood!」  
とか言ってる割にポップ謡曲感が否めないんだよな~。

と、ここで
f:id:niichan-v:20150816225130j:image
この衣装の白いよだれ掛けが脱出を試みる。
兄貴が片手で何とか抑えながら歌うが、後ろでスタッフもハラハラしながら直すタイミングを伺っている模様。

何とか取れる事もなく、タイトルの割に爽やか過ぎる終わり方で本編終了(*´∀`)♪










いや~、楽しい!( 〃▽〃)♪

身体が2つあるなら、1つは最前でガンガン頭振ってるだろう。
予想を良い意味で裏切り続ける今宵は、アンコールも期待出来そう!
騎馬戦は無かったもののBastilleも聴けた!
でもまだ「アリスト」や「ゴッパレ」、「Heart」、「艶血」や「らいよん」も演ってないし、「メタモル星人」や「運命の人」や「死んだ楽団」にも会っていない。果ては「ショーパブ」にも「スナック」にも、「1人シャンゼリゼ」にも「仮面舞踏会」にも行ってないし、「秘密のパーリー」にも行きたい!( ´∀`)

これらの曲が何かを全てわかった方………

僕と鍋しよう。








そう言えばメクのギターはPRSか?Aldiousのよっしーと同じ?
メッチャ弾き易いと評判の、普通に楽器屋で40万円位するやつ。アレ良い音やなぁ~。





少し経ってから「Vive le Roi」の掛け声が起こる。
やはり「Roi」が言い辛い模様。 

「ヴィ~~ブルうらぁ」

に聞こえる(笑)
約5分程でみんな登場。





 MC

「えー。まぶしいwww」

そう、謎に照明全開のホール。お客様の顔が良く見える仕様。

「お前たち、まぶしいぜ!」

「アンコールありがとう。えー、皆様のお陰で、20年間、曲を作り、歌い、伝えて来る事が出来ました。僕の曲が感動させている訳ではなく、皆さんの人生があるからこそ、皆さんの人生と合わさった時こそ感動が生まれる。その感謝を込めて、この曲を贈ります」

的な事を言ってた様な、完全にうらぁ覚えなんですが。
このくだりは完全にこの世で一番美しい薔薇よを歌う前フリ。
アンコール一発目で魂を込める気満点の兄貴に、会場も固唾を飲んで見守る雰囲気。

が!

またもやよだれ掛けが怪しい模様!

もうアナなんてタオルで顔を覆いながら感極まった佇まいなのにアレが「ベロッ」ていこうもんなら感動が失笑に変わってしまうではないか!( ;∀;)

ラスサビのハイトーン部ではしっかりアレを抑えながら何とか乗りきった。

それにしても、「この世で一番美しいよ」ではなく「薔薇よ」にしたのはどういう意図なのだろうか。まぁ「花」ではありきたりかもしれないが、薔薇に完全限定。





当然アレのお直しが少し入り、



「ライカマスカレイ!」



ぎょえーーーーー!!( ☆∀☆)!!




MASQUERADE!!

もうこの曲入りすぐのクワイヤ流れた時点で失禁しそう!( 〃▽〃)w

Versaillesの「最高傑作」と兄貴が言い切るアルバム「Holy Grail」のオープニングナンバーであり、「This is KAMIJO!」と言える名曲。
あ、「ライカマスカレイ」→「Like a MASQUERADE」の事です。はい。 

てかシンヤのドラムよ!ここに来てまた更に爆音!
そしてマーシーは本家だから!(°▽°)当然ギターソロ前の間奏でタッピング!

嗚呼!懐かしくて口からエクトさんが出そうだよ兄貴。

当然サビの「この世は……」からの左回転あり!(*ノ▽ノ)
これもイヒョーを突くセトリで嬉しかった!(*´ー`*)







「暴れ足りないのか?!」
「腰振るか?!」

お、何だ?!何が来るんだ?!

おもむろに人差し指を突き上げ、それに呼応して客席もみんなで同じポーズ。

天を指差す…………何だ…………?
腰振る………「Libido」か? いやまさか………




「EDMバージョンだ!」




ああああああああああああああああああ!!





「Why don't you touch my heart…………」


冬東京!!!(T▽T)!!!

ここで来たかぁぁあああああぁああ!!!
今こそブッ壊れる時!!!
イントロからモゲるんじゃないかと言わんばかりに腕をブンブン振りまくる兄貴(* ̄∇ ̄)ノ
………ってよ!
何その無表情!www
疲れたのか?!何かを悟ったのか?!
そんだけ腕ブンブン振りながら完全に

( ・ω・)

こんな感じだけど!兄貴ー!
いや、でも逆に満面の笑みをぶちかまされても気持ち悪いけど。
ちなみに「EDM」とは「Electronic Dance Music」の事です。
 
これによりアンコールが更に楽しく、カオス感が増してテンションup↑↑♪ヽ(´▽`)/
そして何と言っても
「ふ・ゆ・の」の振り付け!(/▽\)
これぞ○丁目のショーパ………失礼、宝塚を彷彿とさせる圧巻のパフォーマンスと言えるでしょう!
いやー、良かった。「夏札幌」で「冬東京」を聴く事が出来て今回来た甲斐があったよ。

でもこれでアンコール3曲目。今宵通算19曲目。どこまで逝ってくれちゃう訳~?( ´∀`)





「ラスト!」


マジか!!!(゜ロ゜ノ)ノ


これ本当にラストっぽい!心して掛からねば!
このセトリで最後の最後に何を持って来るのか………















(((٩(๏Д⊙`)۶)))ぎゃーーー┌(┌՞ਊ՞)┐キェァァァェェェェァァァ










このイントロ!!!

ついに来たLouis~艶血のラヴィアンローズ!!!(´;ω;`)!!!

本当にこのイントロ入った瞬間武者震いがハンパ無かった!
ソロデビュー作であり、Versailles活動休止後初の作品との事で方向性が注目されていた曲。その中で一点の曇りも無い「耽美主義」を改めて見せ付けた傑作と言えるだろう。

ヤバ過ぎる!

これはズル過ぎる!

何せマーシーとシンヤが演ってる「艶血」なんて一生観れるかどうか解らん!(ToT)
最後の最後に息を吹き返したアナ&エルサも渾身の逆ダイ!


いざ、サビの
「るあ~~ヴィ~アンロ……」
その時!!

オリラジのあっちゃん似の黒子サンが中央に進出!!Σ(゜Д゜)
よだれ掛けを直そうとするがなかなか巧くいかない!!
てか最後の最後の曲のサビで出て来たらアカンやろ!!(´д`|||)

一旦引いて、間奏時に兄貴が膝間付くパフォーマンス。………の時に更にあっちゃん登場!!www 


結局最後の最後まで巧く直らず兄貴が片手で抑えながら終了!(T▽T)w








いや~、本当に目が離せない、ツッコミ所満載のライヴで無茶苦茶楽しかった。



最後は何か色々喋って

「最後はジャンプ、『せーの、カ・ミ・ジョー』で行くぞ!」
との事。

「せーの!」

「カ・ミジョー!」
「カ・ミ・ジョ?」
「カーミ・ジョー!」





しまんねー!wwwww










そして!



ライヴ後のKAMIJO本人との握手or握手&2ショット撮影会へと流れて行った訳ですが、スタッフさんが場所を用意したりチラッと物販の続きをやったりしているうちに約20分程待ちぼうけ。
お客さんもあまり「我先に」と前に集まる雰囲気でもなかったのでさっさと前に出てやりました(* ̄∇ ̄)ノ

スタッフ「では、本人の登場です」
 

「………」


もっと沸けよ!!www

登場の仕方が余りにもあっさりしていたのは解るが、声援的なモノもポツラポツラ。
こりゃ~V系過疎地って言われてもしゃあないわなぁ~。

ほんならワシ行ったろかしら(・ω・)ノ

と無事に前から2列目に並び携帯のカメラを用意。この撮影も色々規制的なモノがある様だが、警備とか甘過ぎるよ、日本。つか札幌?南米とかヨーロッパとか、マジ心配。本人に飛び掛かるとか余裕で出来ちゃうよ。

さて、いよいよご対面。
本人は約15cm程の高さはあると思われるブーツを履いている為、僕よりも少し大きい感じ、
………て頭デカイな!ww
ステージ用の盛り髪。確かにここまでしないと映えないよな~。

前回Jupiterが札幌に来た時のレポで触れましたが、ひぃたんに先制攻撃された→http://s.ameblo.jp/vivid-niichan/entry-11935430149.html?frm=theme
反省を踏まえ、今回は行くぜ!



に「ボンジュール!」 

K「どうも」



(えええええええええええええええええええええ!!普通や~ん!!「どうも」てー!!)



に「あ、お疲れ様でした!楽しかったです」

K「ありがとうございます。絶対また来てね!」

とここで「男の友情」握手!( 〃▽〃)!
f:id:niichan-v:20150820194202j:image
こう!からの!
f:id:niichan-v:20150820194245j:image
こう!(°▽°)!


そしてこちらが記念の写真です!( v^-゜)♪







f:id:niichan-v:20150820194419j:image

やっぱ頭デカイな!俺ももっと盛らなきゃ!
あまり話をする事は出来ませんでしたが、今回参戦して本当に良かったと思いました。

やはり唯一の心残りは、会場限定のライヴDVDを入手しそびれた事!(T△T)


次回はより準備万端で行くぜ!!










ーーーーーーーーーー










という事で!

ようやく仕上がりました今回のライヴレポ、かなりメモの効果もあってリアルに思い出しながら書く事が出来たかと思てます( ´∀`)☆
MCの内容は一語一句書く事は不可能ですが大体近い感じに、ステージや客席の様子は本当に見たままリアルに綴っております。

こんな楽しいのに!

やっぱもっと札幌………つか北海道盛り上げたい!!

音楽の授業なんて止めてV系メイクの授業入れたらええねん!

「柔道部」とか「吹奏楽部」とかの流れで「ロマンス革命部」作ったらええねん!
あ、あかん、男子がどんどんオカマになってまうわ(笑)


なんて事をブツクサ言いながら夜道に消えて行ったのでした。




おしまい。















あ!


最終的なセットリストと以前予想した個人的なセットリストを最後に。






-Setlist-

ーSE Vive le Roiー
1 . Symphony of The Vampire 第一楽章「Presto」
2 . Symphony of The Vampire 第二楽章「Sacrifice of Allegro」
3 . Symphony of The Vampire 第三楽章「Royal Tercet」
4 . Imperial Concerto
—MC—
5 . Shout & Bites
6 . Vampire
—SMC—
7 . Audrey
8 . Je t’aime
—MC—
9 . あの人の愛した人なら (Vo.Solo Ver)
10 . Bastiile
—MC—
11 . HEEL
12 . Symphony of The Vampire第四楽章「Dying-Table」
—SMC—
13 . 憂いの花が綴る愛
14 . fiancailles
15 . 薔薇は美しく散る
16 . Royal Blood

アンコール 1
17 . この世で一番美しい薔薇よ
18 . MASQUERADE
19 . 冬東京
20 . Louis ~艶血のラヴィアンローズ~





~予想セトリ~
1.Vive le Roi→Emblem
2.Imperial Concerto
3.Louis 〜艶血のラヴィアンローズ
4.Rose Croix
SMC
5.蝶の花
6.Presto
7.Sacrifice of Allegro
8.Royal Tercet
9.薔薇は美しく散る
SMC 
10.この世で一番美しい薔薇よ
11.Métamorphose
12.冬東京
13.Heart 
暗転
14.HEEL
15.闇夜のライオン
16.Aristocrat’s Symphony(旧Ver. )
Encore 1
17.God Palace
18.BASTILLE
19.Royal Blood
Encore 2
20.Audrey
21.Throne





だいぶヤラレたな(笑)















次はJupiterで御会いしましょう!


















 

アストロン