読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的耽美論 in はてな

ようこそ我が城へ 札幌 ビードロギニョル→http://vidroguignol.com/

Aldious ~DVD 「Live Tour 2014 "Dazed and Delight"~Live at CLUB CITTA'~」レビュー①

こんばんは、にいディアスです。



以前アメブロにて

http://s.ameblo.jp/vivid-niichan/entry-11923544631.html?frm=theme

http://s.ameblo.jp/vivid-niichan/entry-11926384209.html?frm=theme

http://s.ameblo.jp/vivid-niichan/entry-11938216953.html

等、Aldiousについて書いておりましたが、その後音沙汰も無くさぞかし皆様は心配された事かと思いまして






f:id:niichan-v:20150224163554j:plain




2015.2.11 リリースのこちらのDVDのレビューをします(^o^)/



はっきり言って、最初に知った時以来詳しい事は知らず、たまにトキちゃんのブログを覗いていた程度でした(-_-)



しかぁ~し!





まっさらの状態で観たこちらのDVDによって完全に魅了されてしまい、その旨をお伝えしたく参りましたヽ(・ω・)ノ





まず始めに!!





Aldiousを知らない方、興味が無い方は



絶対に最後まで読んで下さい。



今まで触れた事の無い世界に飛び込んで初めて、新しい物を得る事が出来ます。
僕のレビューでどこまで伝えられるか解りませんが、きっと何かイイ事ありますよ(*´ω`*)





そして!





長いので2回に分けます(;´_ゝ`)



こちらのパート①ではまず、そもそもAldiousとは何か、そして個人的なアレとか全体的なアレとか色々長々と書きます。
パート②では、実際にDVDの内容を追って、纏めとかアレとかを書きます。



では、一応おさらいしましょう( ´∀`)




《Aldious》

■2008年
・2008年6月、Rami(Vo)とYoshi(G)を中心に大阪で結成。11月、コンピレーションアルバム『Red Hot Burning Hell Vol.16』に参加。

■2009年
・1月、トキ(G)が加入し、同年11月に、
Aldiousの初単独音源となる4曲入りEP『Dear Slave』を自主制作にてリリース、各メタル系専門店でソールド・アウトとなる。

■2010年
・1月、Aruto(Ds)が加入、3月には初期メンバーであったサワ(B)が再加入して5人編成となり、同時にガールズ・メタル・レーベル「Bright Star Records」を立ち上げる。
・4月に洋楽レーベル「Spinning」初の邦楽アーティストとして契約。ウェブを中心に話題を集める中、7月にシングル『Defended Desire』でデビュー。オリコン・インディーズ・シングル週間ランキング4位、オリコン・シングル週間ランキング49位、デイリーランキング24位のスマッシュ・ヒットに。
・10月、待望のフルアルバム『Deep
Exceed』をリリース、オリコン・インディーズ・アルバム週間ランキング1位を達成したのをはじめ、オリコン・アルバム週間ランキング15位、デイリーランキング7位を記録。
続く11月から12月にかけて東京、名古屋で行われたライヴのチケットはすべてソールド・アウト、大阪/心斎橋クラブクアトロでは初のワンマンライブを敢行、満員御礼となる。

■2011年
・1月には日本テレビ「スッキリ!!」、フジテレビ「めざにゅ~」に出演。知名度を上げていきながら、4月に2ndシングル『Mermaid』をリリース(オリコン・デイリー16位、ウィークリー20位、インディーズ・ウィークリー1位)。同時に初のワンマンツアーを渋谷/心斎橋/名古屋の各クラブクアトロで行い、全公演満員御礼。
・10月には日本テレビハッピーMusic」に出演、2ndアルバム 『Determination』をリリース(オリコン・デイリー8位、ウィークリー13位、インディーズ・ウィークリー2位)。また、『Determination』の収録曲
「Spirit Black」がCX フジテレビ「志村軒」の11月度のエンディング・テーマとして決定。11月から12月にかけて渋谷O-EAST公演を含む全国6か所のワンマンツアーを開催、各地で満員御礼。

■2012年
・5月にアンコール公演として、赤坂
BLITZ(東京)、CLUB Diamond Hall(愛知)、BIGCAT (大阪)の東名阪ワンマンツアーを敢行、ライヴDVD『Determination Tour 2011~Live at Shibuya O-EAST~』をリリース(オリコンDVD音楽週間ランキング2位/DVD総合週間ランキング6位)。
・6月をもってRamiが病気のため脱退するも、バンド側は楽曲制作を続けながらヴォーカリストを探し、8月に新ヴォーカリストとしてRe:NO(リノ)が加入。新生アルディアスとして最初の音源となる3rdシングル『WhiteCrow』を11月にリリース、シングルとしては自己最高位のオリコン・シングル週間ランキング19位、デイリーランキング14位(オリコン・インディーズ・シングル週間ランキング3位)を記録。
・11月中旬にはジ・アゴニストの来日ツアーのゲストとして、渋谷O-EAST(東京)、名古屋CLUB QUATTRO(愛知)、BIG CAT(大阪)に出演。さらに11月下旬から12月にかけて、渋谷O-EAST公演を含む全国5か所のツアーを開催。年末には日本テレビハッピーMusic」に再び出演。

■2013年
・5月、3rdアルバム『District Zero』をリリース。このアルバムは、インディーズのガールズ・バンドとしてはオリコン史上初となるオリコン・デイリー4位、ウィークリー7位を達成(インディーズ・ウィークリーは2位)。また、『District Zero』の収録曲「Scrash」がTBS系テレビ「ランク王国」、6・7月度のエンディングテーマ曲として決定。
・7月から9月にかけては渋谷O-EAST公演を含む全国10か所のワンマンツアーを開催、イベント「淳の休日~大人の文化祭~」、音楽フェスティバル「HAMMER BALL 2013」「聖地巡礼!! 2013 ~夏休み合宿編~」にも出演。
・早くも10月にはバンド初の両A面シングルとなる4thシングル『ドミネーター / アイ・ドント・ライク・ミー』をリリース(オリコン・デイリー10位、ウィークリー12位、インディーズ・ウィークリー1位)。特にバラード曲「アイ・ドント・ライク・ミー」が、USENリクエスト J-POP HOT30チャンネルで16位までランクアップ、新たなファン層を拡げていく中、11月から初の岡山、香川公演を含む全国8か所のワンマンツアーを敢行。

■2014年
・2月に追加公演を名古屋CLUB QUATTRO梅田CLUB QUATTROで行い、東京ではライヴ・イベント「PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.1〜」に出演。そしてRe:NO加入後初の映像作品となるライヴDVD『ディストリクト・ゼロ・ツアー ~ライヴ・アット・渋谷O-EAST~』をリリース(オリコンDVD音楽週間ランキング5位/DVD総合週間ランキング6位)。
・5月には5thシングル『アザー・ワールド』をリリース。また、レジェンドと新進気鋭の2つのバンドが出演する新しいライヴ企画「BRAVE METAL HEART Vol. 1」と題したEARTHSHAKERとの2マンライヴを開催、満員御礼に。6月には4thアルバム『デイズド・アンド・ディライト』をリリース。テレビ東京系全国ネット「超流派」の7月のエンディングテーマ曲として「ドミネーター」が決定。
7月から8月にかけては初の石川、岩手公演、そして神奈川・CLUB CITTA'公演を含む全国14か所のワンマンツアーを敢行。
・9月からライヴイベント「GRACE ROCKMUSEUM」(出演:Aldious /LoVendoЯ)、「大冠祭 2014 ~メタル縛り~」(出演:THE冠/Aldious/NoGoD/SEX MACHINEGUNS/人間椅子/OUTRAGE)、「アニソンロック2014」(出演:堀江 美都子/川田 まみ/黒崎 真音/Aldious/上坂すみれ)に出演。10月には「BRAVE METAL HEART Vol. 2」と題したOUTRAGEとの2マンライヴを開催、こちらも満員御礼に。
・Arutoが11月をもって結婚のため脱退、引退。

そして今年2月、こちらのDVD発売。





とにかく予備知識に乏しいので、僅かにあるAldious知識と漁ったYouTubeの情報等を駆使して書いて行きます( ´,_ゝ`)





いつもの様に、あくまでも個人的な意見や見解で記事にしておりますので、クレームや不満や日々のストレスは西之島あたりにでも持ってって下さい( ´,_ゝ`)





そして!





今回の記事にて、個人的にメンバーの呼び方を変えますので記載します( ´,_ゝ`)

Re:NO→りの嬢、お嬢
Yoshi→よっしー
トキ→トッキー
サワ→サワー
Aluto→ママ
※Rami→らみちゃん





〔Aldiousとは〕

f:id:niichan-v:20150226232252j:plain

結成以来、リーダーであるよっしーの信念で動いているバンド、と言える。かと言ってワンマン経営では無く、よっしーはどちらかと言えば他のメンバーの魅力を引き出す司令官みたいな位置。ライヴでもトッキーが自由に動きまくり、ママがマイクパフォーマンスで盛り上げる。
しかし楽曲についてはメタル魂を絶対に曲げず「激しいリフ」「美メロ」を貫き、作詞は必ずVo. にさせる。
バランスを考え、全てを融合させ、己の信念のもとにサウンドを作り上げるよっしーは、リーダーとして高い評価を得ている。
今回の新アルバムでは各メンバーがそれぞれに曲を作っており、新しいAldiousとしての可能性が感じられる。






〔Vo.考察〕

最初にAldiousを知った時はVo. が既にりの嬢だったので初代が居たなんて知らなかったのですが、さかのぼってYou tubeを視聴したら…………


ぬはっ!Σ(゜Д゜)!


らみちゃんの凄さに驚愕。
まず………


f:id:niichan-v:20150226203315j:plain

エロい(笑)
見た目で男を虜にしてしまうエロさ、そして何と言っても、その声。
パワーがハンパなくハイトーンもメタル向きな伸びがあり、声自体に色気がブンブン漂う。
こんなVo. はそうそう居ない。
普通にビックリしちゃった( ´,_ゝ`)





そして





f:id:niichan-v:20150226211630j:plain

お嬢。

普通に可愛い。KERAモデルだし。
一度聴いて声質が綺麗だとは思ったが抑揚が少なく、これと言った特徴が無い。
じゃあ何故魅了されたのかと言うと………



それは「表現力」。



ライヴでのお嬢はまるで別人。
「綺麗」という一言では片付ける事が出来ない、奥深く澄んだ声。例えて言うなら、鋭く尖った氷の刃。
これほどまでに透き通りまっすぐ飛んでくる声を聴くのは極めて稀。
それは恐らく、1フレーズ毎に感情がしっかり乗っかっていて、喜怒哀楽が何の障壁も無く届いているという事。
そして表現力の「幅広さ」。舞台をやっていた事もあり、その動きは見ていて飽きない。

DQN」な時、「少女」な時、「ドS」な時、「常識人」な時……

多彩な仕草や声、そして無垢な可愛らしさは、メタルというジャンルのバンドでは良い意味で異質。

今となっては、Aldiousの顔として不可欠な存在となったりの嬢。これからのバンドを引っ張っていける逸材だと、個人的には思っております(*´∀`)





〔楽器隊・サウンド〕

Dr.のママがずば抜けて凄いΣ(゜Д゜)
「女性最速」と云われる程のテクニックでAldiousサウンドの中心を担う。バスドラは1つなのに何であんな音が出せるんだ?!
と思っていたら


f:id:niichan-v:20150226222136j:plain

なるほど、ペダルをハイハット寄りに1つ置いていたのか( ´∀`)
でもこうすると余計に難易度が上がる気が……
そしてドラマーは、人一倍パワーが必要。Aldiousサウンドを作る上で、多分ママ以上の適役は居ないと思う。



そしてサワーのベース!身長と同じ位あるんちゃうの?!
f:id:niichan-v:20150226232114j:plain
と思う位大きく見える。1フレットまで届くのか?!
と心配にもなるのだが、これがまた、あの小さい身体で5弦ベースを弾く弾く!
詳しくはレビュー②で(~o~)


ギター2人のサウンドは

http://s.ameblo.jp/yoshidious/theme-10079629214.html
よっしーのブログが凄く参考になる。本格派。(そりゃそうか)
トッキーはキャラ通りの可愛く面白いブログ。曲中ではさほど超絶なテクニックは用いておらず、バッキング、リフ命。
故にアンプもマーシャル(Marshall)からヒュース・アンド・ケトナー(Hughes &Kettner)に移行してディストーションを前面に出した曲が多い。
早弾きをアピールしたいならENGLかな、とは思うが、このアンプはAldiousの曲に合っている。見た目も良いし(笑)

f:id:niichan-v:20150227142853j:plain

そしてライヴ中は足元のフットペダルで凄くマメにサウンドを切り替えており、見た目以上に忙しい。特によっしーは、普通はバックでローディーやサポートのスタッフがやるギター以外のサウンドも操りながらのライヴなので、ずば抜けた集中力が必要。

そして何と言っても、一曲一曲の長さが程良い。長過ぎず短か過ぎず、かと言って単調ではなく曲の展開もメロディアスで激しく心地良い。





〔パフォーマンス〕

f:id:niichan-v:20150227184140j:plain

ライヴにおいて、特に知識無く見る側としては、そのバンドの評価はかなりの高確率で「Vo. の実力」になりかねない。
まさに今回はその様な状態でこのDVDを観た訳で、素直に感想が言える。
Aldiousはメンバー全員で美しい8の字ヘドバンを描く(たまにサワーだけ楕円形斜め45℃) ので、ずっと見ていたくなる程釘付けになる。メタル魂がビシビシ伝わる。
あまり言うと次に差し支えるので(笑)、詳しくは後程。




結果的に!!




Vo. お嬢の虜になってしまった僕は

















f:id:niichan-v:20150227204217j:plain

即ヲタ決定( ☆∀☆)

ソッコーで通販に登録して買ってしまいました。はい。
これがその結果です( ´,_ゝ`)♪


という事で、絶対オススメのこちらのDVDを、レビュー②で掘り下げます☆



→②へ