個人的耽美論 in はてな

ようこそ我が城へ 札幌 ビードロギニョル→http://vidroguignol.com/

Episode 10

《登場キャラクター》





f:id:niichan-v:20150716201020j:image
ネコとか色々。



















ー前回までのあらすじー


耽美派アンバサダー・にいちゃんによって創られた「アメリカ村」。

まあ、色々あったのだ。

































ーーーーーーーーーーーー
















ズゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!




















f:id:niichan-v:20150716201335j:image
モンスターがあらわれた!



















f:id:niichan-v:20150717081010j:image
たこやきちゃん 1匹



ディル「お前が言うてたんかい!」

ポル「さっそく最初のモンスター!ニャー!(゜ω゜)」

し「何か強そうじゃなさそうだし小手調べ、ってトコか」


















f:id:niichan-v:20150716201357j:image
ポ「あ、横に《コマンド》があるニャー( ´∀`)」

し「いつの間に(笑)」

デ「ほなこっから俺らの能力がわかるやんな 調べてみよか」















ピッ

















f:id:niichan-v:20150716213747j:image
《しげる》
レベル:1
タイプ:せんし
HP:62
MP:0
アビリティ:突き















f:id:niichan-v:20150716213755j:image
《ディル》
レベル:1
タイプ:とうぞく
HP:45
MP:2
アビリティ:盗む

















f:id:niichan-v:20150716213829j:image
レベル:1
タイプ:まどうし
HP:37
MP:10
アビリティ:

 


















f:id:niichan-v:20150716201523j:image
し「おお!俺《突き》が使えるのか」

デ「俺は《盗む》やな」

ポ「1人だけ何も無いニ゛ャー!(´;ω;`)ブワッ」

し「そのうち何か覚えるんだろ」





















f:id:niichan-v:20150716201335j:image
たこやきちゃんは様子を見ている。






















f:id:niichan-v:20150716201605j:image
デ「《まどうし》やからな、覚えへんかったら何んんんっも使えへん只のネコや」

ポ「ひどいニャー(。>д<)バタバタ」

し「とりあえず初戦だし何かやってみようか」

デ「ほな盗んでみよか~?何も持ってへん雰囲気やけど」








































f:id:niichan-v:20150506181529j:image
たこやきちゃんはイ才ナズンを唱えた!




























f:id:niichan-v:20150716201949j:image
デ「え″」

し&ポ「ギャーーーーーーー!!!!!」



しげるは419のダメージを受けた!

ディルは440のダメージを受けた!

ポルは401のダメージを受けた!






























f:id:niichan-v:20150716202023j:image
パーティーはぜんめつした………




















…………………………





















ポ「…………………ぁ」




























???「………甲斐ない…………」



















ポ「………………だ……………れニャー……………」















「………ぃ!」

















「………きろ!」






















f:id:niichan-v:20150716202040j:image


「………………………はっ!」

ふー神「目覚めたか」

らー神「全滅早いラー」


ふ「何に出食わしたんだ?」

し「……っ、何か たこやきみたいな……………」

ら「もしかして《たこやきちゃん》ラー?!」

















f:id:niichan-v:20150716202110j:image
デ「……ゃ一瞬やったな 何も出来んと気ぃ付いたらここにおったわ えげつな~」

ポ「えげつニャー( ノД`)」

し「どんだけ強かったんだあのモンスター」

ふ「俺達が採った大体のデータを見せてやろう」






















f:id:niichan-v:20150716202142j:image
《たこやきちゃん》
レベル:70
タイプ:アツアツ
HP:630
MP:650
ちから:100
すばやさ:190
かしこさ:?
うん:?
こうげき力:250
しゅび力:120
アビリティ:イ才ナズン、ベ木マズン、デスペレ、ソフレク




















f:id:niichan-v:20150716202219j:image
し「強っ!!!!」

デ「最初からアレはないわ~ まだアビリティも知らんかったのに」

ふ「とにかく素早い&MPが高く最高位魔法を使って来る」

ら「俺達でもたまに逃げるラー お前ラーは運が無かったラー」

ポ「アビリティの説明ほしいニャー(*ω*)」

ふ「うむ、予備知識が足りなかった様だな」























f:id:niichan-v:20150716202241j:image
ふ「アビリティは《魔法》と《技》の②種類に分かれる。タイプによって出来る種類に制限があるが、レベルが上がったり将来的に色々あると増えて行くのだ」

ポ「にゃるほどニャー( ´∀`)」


ら「ちなみに

・イ才ナズン:爆発系最高位魔法、相手全体に大ダメージ(消費MP48)
・ベ木マズン:回復系最高位魔法、味方全員のHPを完全回復(消費MP60)
・デスペレ:相手にかかっているオプション効果を全て消し去る(消費MP12)
・ソフレク:全ての魔法を弾き返す(消費MP10)

ラー。お前ラーが使える様になるのはまだまだ先ラー」

ポ「アビリティっていくつあるニャー?」

ふ「ざっと7兆個だ」

デ「7兆?!( ; ゜Д゜)?!」





















f:id:niichan-v:20150716204607j:image
ふ「嘘だ」

















f:id:niichan-v:20150716204733j:image
し&デ「嘘ぉぉぉぉぉおぉぉぉ?!( ゜Д゜)」




ポ「あ″!箱はどこニャー!?(;・ω・)」
















f:id:niichan-v:20150716205034j:image
ふ「ここにある、というか、届いていた」

し「届いていた………?」

ふ「全滅した時、何か聞こえなかったか?」

デ「……………?」




















f:id:niichan-v:20150716205114j:image
ポ「…………………聞こえたニャー!(゜∀゜)!」











f:id:niichan-v:20150716205137j:image
ふ「やはり………」

ら「間違いない、現れたラー………」

デ「え、なに?なに?ポル何か聞いたん?」

ポ「ほんのり甘ぁ~ぃ声がしたニャー( ´∀`)」

し「………現れたって………?」


















ふ「………………創造主……………」



































f:id:niichan-v:20150716205158j:image
「《【LG】チャミ》だ」

























To be continued
 (*´ω`*)

広告を非表示にする