読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的耽美論 in はてな

ようこそ我が城へ 札幌 ビードロギニョル→http://vidroguignol.com/

Jupiter Tour 「Prevenient Grace」/ 札幌Cube Garden

ジョルジョルしてましたね。
ボンジョルノ!
って感じですね( ´∀`)




………あ、失礼!わたしだー!(゜∀゜)ノ☆

ちょっと取材を受けていたもので!



さて!



ようやく記事として纏まりの無い作品が出来上がりました!(*´∀`)♪





f:id:niichan-v:20150927095200j:image
一年ぶりのずぴたー!( ´∀`)♪♪

Jupiter Tour 「Prevenient Grace」!!
手書き丸出し大いに結構!!





しかも7月に兄貴のツアーで訪れた
f:id:niichan-v:20150926221758j:image
Cube Garden(*^ー^)ノ♪
同じ場所と言う事で間取りは省略。まぁだいたいロフト付きのワンルームぐらいなモンですね。



とりあえず昨年の前回のアレをアレしてくれたまへ!





……っとその前に!!




f:id:niichan-v:20150929193127j:image
新譜の「TOPAZ」について。
ライヴ後なので既にメンバーのサイン済み(ノ´∀`*)
いつもなら新譜が出た瞬間レビューを書いてその毒舌っぷりに癒される方も全く居ないとか、なのですが今回は敢えて書きませんでした。

何故なら………
初回限定盤特典のライヴDVDが………。


確かにJupiterらしいライヴの雰囲気で良い。

……ZINよ!!また「後天性○川晃司症候群」、略して「モニカ」に侵されてるではないか!( ´_ゝ`)
普通に歌え!!www

いきなり「The Birth of Venus」の歌い出しの「There's a flame that will never die」が
ぜぁ~ルペイ だぴねぇ~パちゃ~い
にしか聞こえん(笑)
その後の
きゅーろぃ~ちぇんしちゃ~てぃりゃーぉ
なんて完全に解読不能。
歌詞カードみるとここはどうやら
黒い天使達が
に相当する様である。
そして「Red…………
おっと、どうやら口が過ぎてしまった雰囲気ですな。 

新曲の3曲は、
☆TOPAZ~ミディアムバラード風 
☆lolite~おてる感 

とバラエティーに富んだ作品。
詳しくは後程(*^ー^)ノ♪







そして!






f:id:niichan-v:20150928201935j:image
1.57倍増量!!(当社比)
当然7月の兄貴のモノホンな巨大アタマを意識しての状態です(^^)d


………これ、



f:id:niichan-v:20151013203031j:image
懐かしのこの頃を思い出すなぁ( ´∀`)
この当時は全然知らなかったけどなぁ( ´∀`)


いつも僕の変身をサポートして下さる
美容室 NINAhttp://nina-nina.jp/
HIDEさん、ありがとうございます(*^ー^)ノ♪
歯の治療、頑張って下さい。
 




さらに!

今回は我が姉御であるナオミさん→http://s.ameblo.jp/vivid-niichan/entry-11940922240.html?frm=theme
と共に参戦( v^-゜)♪
何となく一人で乗り込むより安心感があります。
にも関わらず、当日は近くの駅で待ち合わせ、外に出るやいなや真逆の方向に突き進むと言うド方向音痴炸裂( ´_ゝ`)w
恐らく僕達は東京や名古屋には住めません。

何とか開演時間には間に合いましたヨ。はい。

んでいつも通り入口でワンドリンク代を払って入場。










f:id:niichan-v:20150929183834j:image
?( ´∀`)?

入る所間違っ………

てない!Σ( ̄□ ̄;)
なんぢゃあぁぁぁこの少なさ!!(;゜∀゜)
ホールの1/3ぐらいしか居れへんやん!!
ヨユーで前線逝けるやん!!!
でも上手はひぃたんに触りたい軍団のカオス地帯につきギッチギチやん( ´_ゝ`)w

いやマジで。マジで?!

あかん、混乱しとるわ。

という事で若干下手寄りの真ん中付近で悠々と位置取り。メンバーにこんなに間近にスイスイ逝けちゃう所なんてここ位だろうな~。
入口の人に動員を聞いたら、
ピー人いピーぐらいですね~」
と放送出来ない事を言っていたのでお察し下さい。






今回もセトリ後書きにします!
兄貴の回のレポートが評判良くて調子に乗りたいお年頃なのです!( ´∀`)♪むふ
しかも2回に分けずにこの記事だけで終えてやりますので、長過ぎて途中で貧乏ゆすりが止まらなくなる方も居ないかもしれません。



とにかく言いたい事は、たとえその店のオススメラーメンが「みそバターコーン」だったとしても、実は「しょうゆ」が一番ウマかったりする事もあるのだ!



と言う事です( ´艸`)





ーーーーーーーーーー





開演前恒例、ゆきおちゃんの音合わせのスネア音やおてるの音合わせにしては恐ろしい早弾きが聞こえるも、客数の圧倒的少なさに切なさが募る。
本当にこのまま開演………???

あー、マジ切なめ。
照明暗くなって来た~…………



SE-Introduction-が流れる。
やっぱこのまま始まるのか~( ´_ゝ`)
本当、Jupiterメンバーに申し訳ない気持ちとこの地の過疎っぷりに寒気がする。

いつも通りの順番でメンバー登場。マーシーのデカさも見慣れてきたので、例えCube Gardenの天井にアタマ擦ってたとしても驚きはしないぜ。

そして今回のZINの髪型はどうしても
f:id:niichan-v:20150930145631j:image
耽美派自称ヴァンパイアのあの方に寄せて作ってるとしか思えない。
まぁ似合ってるから良いと思うよ( ´∀`)



SE-Introduction-の終わりかけ、メンバーが揃ってさあ!
1発目は何が来るかな、って今回はだいたい最初と最後は予想付くけどな!

ぴぎょへ!










1,The Birth of Venus

まあ予想通り、始まりに最も相応しいこの曲でスタート。
「女神の誕生」の如く光るイエローライトが凄く良い!( 〃▽〃)
スピード感溢れるAメロ入りで
Z「いくぞぇ!」
客席ノリノリ(* ̄∇ ̄)ノ♪♪
数が少ないとは言え今回は完全に少人数精鋭感がある!殆ど客席全員ヘドバン&逆ダイ&華のタイミングが完璧。もの凄く教育された感があって一体感がハンパ無い♪ヽ(´▽`)/

の中で我々はおとなしく観ている訳ですが(笑) 

多分、前にひぃたんTwitterで客席のノリに対してそんな事言っちゃって大丈夫か?!的なコメントをしていた影響もあるのでは無いかと思っております。

でも全力で「魅せる」のがJupiter! 
ひぃたん出る出る!客席に吸い込まれそう!
ZINの中途半端なグローブが気になるが、まさかそこまであの某耽美派自称ヴァンパイアのあの方に寄せてる訳では無いだろう。気のせいやな。うん。





全員でメロイックサインを掲げ、一体感を持続したまま



2,LAST MOMENT 

前回少し残念だったが個人的にJupiterでNo.1と位置付けしているラスモメ( ☆∀☆)♪
2発目という素敵なセトリにテンションup↑↑↑
この曲も客席のノリが完璧で
「そ・ら・へ ま~↑いあ~が~れ~」
のジャンプが見てて壮快(*´-`)
しかも原キーの為聴き応えがあった!
ジンの高音はかなりキツそうだったが、今回はベース音がとても良く響いているし。
そして何よりゆきおのドラム音がデカイ
兄貴のレポートでの某美麗ドラマーの爆音は記憶に新しいが、どうやらこの会場自体のアレも関係しているのかな、と。
でもあの位置に居ながら、上手のギター音が余り聴こえない( ´,_ゝ`)
下手のもビミョーで、どうしてもリズム隊の方にバランス寄ってる気がする。





ここでZINのSMC。

Z「会いたかったぜハロー!」

……「ハロー」?!
これも確実に「ボンジュール」意識したフレーズに違いない。違和感満点。
あと何話したか良く覚えてないが

「自由に楽しんで下さい!」

って言ってたのが印象的。先程のひぃたんTwitterの件もあっての発言では無いかと深読みしているのだが、まぁ要するに
「無理してノリノリでアタマ振ったりしなくて良いからそれぞれの楽しみ方で観てね」
って事を強調したかったのだろう。

 

次の曲へのサウンドが流れる。



…………?
これ何だっけ…………?






3,SACRED ALTAR

久々に聴いたら最初のストリングスだけでは気付かなかった( ´_ゝ`)
最初リフの早弾きで
《あ!これ何やった?!》
となったがサビで謎にファルセットになったあたりで
《あ!これ聴いたコトあるわ!》
となり、しかし曲名思い出せず、帰ってから音源漁ってようやく判明。
如何に普段CDという物をかけていないか(笑)
それにしても客席の逆ダイ凄い!
少人数精鋭の一体感ハンパ無い(°▽°)!



多少の煽りからの





4,B.L.A.S.T

攻めるねぇ(*´∀`)♪
やっぱこのノリ勢いあってのJupiter! 
ひぃたんも客席に半ダイブ状態でちゃんと弾けるのか心配だったがそこまで呑み込まれずに済んだ模様。
ZINのデスヴォイス&サビのクリーントーンも良し、どうやら「モニカ」の心配は無さそう。 
そしておてるの衣装の薔薇が顔より大きいのがいい。今回の衣装はみんな良い感じ( ´∀`)





5,lolite

さらに攻める新曲(*^ー^)ノ♪
おてる作曲だけあってテクニカル!

それにしてもやっぱドラムの音がデカい
そして音源のイントロでも妙にサイケな音が入ってるのが気になる点、個人的には「Scarlet」の方がストレートで好みかな。


ここで
「激しくせめるぜー!」
とか何とか言うMCがあって





6,氷の中の少女


昨年の会場限定販売のシングル、それから約1年経ち……

育った!(*´∀`)♪

最初はぶっちゃけ、シングルにしてはパッとしないという印象だった。

時を経て1年後、秋の札幌。

……素晴らしきヘドバン曲!(°▽°)
ライヴでのノリ感が音源には無い華美さを生んでいる!
でも上手の音が聴こえない!(ToT)w

でもひぃたんのくるくる回る動きが調子の良さを伺わせるので良しとしよう。





曲が終わって何やらストリングスの音色………







ああああああああああああああああ!!!








7,Red Carnation

やっぱ演るのかこの曲ー!!!
冒頭で「モニカ」のお話はしましたが、先のDVDを観て不覚にも大爆笑してしまったのがこの曲の「ヴィクトリア」部。
イントロとかその他の部分は嫌いじゃないけど……
ライヴでのこの部分、ZINは確実に変なクスリをヤっているので完全に閲覧注意

敢えて細かくは書くなし( ´∀`)





そそくさとメンバーが捌けて………
あれ、ひぃたんだけ残っとる。これはソロやな。今回はドラムソロ無しっぽい。
SEが流れる中おがみポーズで待機(-人-)





8,Church Candle 

「ふにゃ~」って言うイントロが中華風味なインスト曲。ひぃたんソロ。

そういえば、Jupiterとしての活動もそこそこにひぃたん
f:id:niichan-v:20151005194156j:image
ヨーロッパと南米をお散歩( ´∀`)♪
これ本当にギター1本持って独りで廻って来たのだから凄いよね。

そして
マーシー→兄貴のサポート
・ゆきお→ドラム教室
・おてる→「世界最速」との競演
と、楽器隊が色々な意味でのスキルアップを果たし





9,Rose Quartz 

次のこの曲へと繋がる。
流石の楽器隊(゜▽゜*)♪
インスト曲だけでも本当に説得力のある4人のクオリティの高さ。
それが余計に客数の少なさと相まって超絶切ない。
こんなに派手で豪華なメンバーなのに、それを観に来てる人間の数ったら…………

おてるがしきりに足元を気にしている。というかこの日はパフォーマンス的に少しおとなしい。機材のアレがアレなのかな。





MC 

ひ「*#☆∞※★ぁ!」


え??今なんて?(笑)


ひ「あれから一年ぶり、この間色々ありましたけど……ね~、ZINさん」

裏から焦ってZIN登場。

ひ「仕事や人間関係でツラい事あると思うけど、救いの中の1つとして音楽があったり、ライヴってのがあったり」
「僕達も好きな音楽をやってるけど楽しい事ばかりじゃない、どっちかってゆーと辛い事ばっかり!」
「まぁ色々あるけど僕達にとってはファンのみなさんの笑顔だったり、支えてくれる事だったり………こう、支えあう関係を強くしていきたい」

みたいな、割と愚痴に近い話を聞いて

Z「日頃の嫌な事吐き出してってくれ!」
という煽りからの




10,Darkness 

強制テンションぶち上げ曲!(°▽°)!
イントロでZINが「吐き出せ~!吐き出せ~ぃ!」
と客席煽り。
もうAメロからデスヴォイスで叫びまくりの客席ヘドバンの嵐の熱帯雨林
確かに暴れるには最適な曲かもなぁ~、と後ろで冷静に眺める我々。
かなり爽快ではあるが、この曲の良い所は不意のギターソロ
ずーっと唸り、暴れ、ギャーギャー言ってていきなりの「メロリン感」がたまらない。

「ピロリッ メロリッ テーレレレ テテテッ」

と、この落差に危うく骨粗鬆症になるぜ。
ZINのデスヴォイスはとても良い( ´∀`) 

「Uuuuuuuuuu~!!」と最後に唸ってからの





11,絶望ラビリンス

絶ラビ!(*´∀`)♪♪
Darknessからの絶ラビという脳震盪コンボはヘドバン野郎にとっては最高のディナーやね(゜▽゜*)☆☆
楽器隊の超絶テクも炸裂、「Divine judgement」部の煽りもジャンプで呼応………
て、コレ「X JAPAN」で言う所の「オルガズム」系?!
つまりは「Versailles」の「レッカペ」系?
て事は、30分ぐらい掛け合い&煽りを繰り返したりしちゃう系?!

「Divine judgement!」
「Liberate slaves!」
の繰り返し煽りを数回。
これは知らんかったなぁ~(´・ω・`)

て、曲数的にも本編ラストでも無いのにこの煽り方早くね?!(笑)
そろそろ終わりなのか?(笑)
ひぃたんも客席に呑み込まれてなかなか引き上げられないしおてるはいまだに足下を気にしてるし~

結局、無事に5回位の繰り返しで終了( ´∀`)


Z「自由になろうぜ!」
とタオルを用意。



あー、来たか~( ´_ゝ`)





12,Shining 

Scarletに次ぐタオルぶん回し曲。 
ひぃたんがぴょんぴょんするのは可愛いが、やっぱこの曲嫌い。

はっきり言うたるわ。
個人的に全く萌えない。学園ドラマの主題歌にでも使ってあげて下さい。
はい次。






ここで個人的にJupiterのNo.2が来た!( ´∀`)♪
テンション持ち直し!
この攻撃的リフは凄く好きなので数cm上手に移動。それでもギターの音は小さい気がする( ´_ゝ`)
ギターソロのハーモニーも流石、そして何故かこの日はドラムセットにメンバーが集まる姿が目立つ。あれはゆきおを寂しくさせない気遣いだろうか( ´∀`)
それとも何かひそひそ相談事だろうか。

と、気付けばこの3曲、アルバム通りの曲順だった( ̄ー ̄)
さすがに原キーのこの曲のサビはキツいのか、最後の「終わりなき理想郷(せかい)へ」の声がカッスカスになっていた(笑)
まぁ好きな曲だからいっか。





14,The History of Genesis

「Classical Element」に比べて音数は増えたがパッとしない印象だったこの曲。
ライヴで聴くと深い( 〃▽〃)♪
ウィンドシンセの音はやっぱり要らないが、Jupiterの奥深さを感じる。
でも無理して長い曲にしなくても良いよ。「Decadence」みたいに解りやすくて耽美な曲求む。 

ラストに「The Birth of Venus」のイントロを入れて本編終了(*^ー^)ノ♪





て、まだ14曲。アンコール何曲演るんかな~( ´∀`)





いざ、本編が終了して数分。








…………………








…………誰かアンコール煽れ!!www




以来、メンソーレを期待して会場入りしたと言っても過言!

約2分程の静寂の後、

「あんこぉる~」

おお!たぶんこの口火を切ってくれた女性は前回と一緒( ´∀`)!

ありがとう。
いつか もう一度
会えると信じて歌おう。

I sing your love.
I believe in you.
I'll… いつかまた
I want your love. 




なんつってる間にTシャツに着替えたメンバーが登場(* ̄∇ ̄)ノ
て、マーシーちらっと入れ墨が見えとる。ありゃタトゥーというより入れ墨( ・∇・)
さすがTAIJIに憧れてベースの道を突き進んで来た猛者。





15,TOPAZ

アンコール一発目で新曲。
音源でパッとしない曲がライヴで化けるパティーンは逆の裏切り感があって好きだが、多分この曲が一番映えた
サビでZINの声が裏返ったが、ライヴのメインバラード曲として充分、「Nostalgie」や「Luminous」以上の存在感を誇る事が出来る。
後は「モニカ」に侵されると「feel you」が「kill you」に聴こえるZINが普通に歌ってくれる事を祈るのみ。





MC

ここでひぃたんのMC。

「えー、ちょっとね、言おうか迷ってたんですけど」
「こう、ライヴ中でも元気一杯に弾いてくれてるてるくんなんですけどね、本場前に発熱するという」

!!(゜ロ゜ノ)ノ

それだったのか!!
足元気にしたりたまに浮かない顔してたのは!

「メンバーとも話してね、発表する事にしました。本来はね、プロとして、ファンのみなさんには関係無いんですけどね。そんなんも言って、共有したいと言うか」

と、おてるがずーっと
f:id:niichan-v:20151011233606j:image
こう言う「ゴメンポーズ」を連発。
確かにここに来て一気に顔色が悪い。

……なるほど!
ドラムセットの回りに集まったりひぃたんが何やらひそひそ話してたのはその関係か!

そしてZINが
「てるさんの為に気合いを~!」

みたいに煽って




16,Symmetry Breaking

ムチ打つ様なMETALLICAの「Battery」………ではなく「Symmetry Breaking」(* ̄∇ ̄)ノ
昨年よりも一体感が増し、ノリもジャンプも客席大盛り(*^▽^)/★*☆♪

てか、さっきのZINの一言でもあったが、ライヴ中ぐらいバンドの上下関係は要らないよな~。メンバーを「~さん」付けとか、わかるんだけどさ、その辺こっちが気にするよ。 



「ラスト!」





17,Blessing of the Future

やっぱこれかー!
もうVersaillesの「レベナント」並みの呪縛になりつつあるラストナンバー( ´_ゝ`)
そろそろ変えないと本当に二の舞になる。早く変更を。





で、今回は17曲で終わり。
何だか物足りない感じもするが、おてるちゃんの体調も心配だしこの後サイン&握手会もあるし( ´∀`)♪






ーーーーーーーーーー





いざ!
ライヴ後のサイン会へと駒を進める段取りですが

この時のリベンヂ!('ε'*)!
並び最後のひぃたんに「先制ボンジュール」を喰らわせる為この一年間毎日腹筋を4回ずつやって来た訳で!!

っと、どこでやるのか段取りがビミョーで20分程まちぼうけ。
相変わらず「我先に」感の薄い札幌の為すんなり前に並び、CD片手に待機。
今回はCDジャケットを抜き取ってサインを貰うスタンバイ。



…………



そこで?!Σ(゜Д゜)




f:id:niichan-v:20151001182415j:image
力いっぱいトイレ前
しかも当日は雨ぎゃんぎゃん降りムイサーな状態。
ホールでやろーよー( ´_ゝ`)
おてる熱上がっちゃうよー( ´_ゝ`)

と心の中でネチャネチャ言いながら
「では最初の方どうぞ~」

診察かよ!

まぁ何事もなくスムーズに流れてくれれば


……………



はぶらっ!Σ(゜Д゜)




f:id:niichan-v:20151001191320j:image
いきなりひぃたん?!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
今回の並び順は特殊やな~………

とメンバーが見え隠れする位置に来ると
今回はゆきおとマーシーがニヤニヤ(゚∀゚*)

さぁ、逝くぜ…………








に「ボ……」
ひ「Ohhぅ!ミスター・KAMIJO( ´∀`)♪
 
(ひ、ひるむな耽美派…………!) 
に「ボ、ボンジュール!」
ひ「ボンジュールです( ´∀`)♪♪」

《………かわゆ(*´ω`*)…………っと》

ひ「ありがとうございます( ´∀`)♪♪♪」

って太っ!!(゜ロ゜ノ)ノ
ウデ太っ!!!
ソフトな握手そこそこに、その腕の太さに驚愕。
鍛えてるのかプヨプヨなのかは判らないがとにかく冗談抜きでおてるの倍はあっただろう。女形って維持するの大変よね~( ´_ゝ`)





続いて……

ゆ「ぁ゜っ!どもどもボンジュールです」
に「ボンジュール(*・ω・*)ノ」
ゆ「今年もありがとうございます

ゆきおちゃん覚えてたー!(*´∇`*)☆

に「ぁ、今年も札幌来てくれてありがとうございます( ´∀`)」
と一年ぶりの再会に感極まる事は無く( ´∀`)





会話中にゆきおちゃんがいつの間にかCDジャケットをスライドさせていた為さっさとサインして「はい次」モードのZIN。
軽く握手してマーシーへ。





マ「あ!KAMIJOさんの!
に「!」

マーシー覚えてたー!(*´∇`*)

しかも7月の兄貴の時からちゃんと見ていたらしく
マ「それ、目立ちますよ!( ・∇・)」 

《だよねー( ´艸`) 他に見た目凝ってる人間ほとんど居ないもんねー( ´艸`)シメシメ》

に「ありがとうございます( ´∀`)また待ってますよ!」

とまさかマーシーとの会話が弾むとは思わずテンションが上がる横で





て「(グッタリ)」
に「だ、大丈夫~?!みんな心配してますよ」
て「ぉご、大丈夫です ゴメンナサイ」

《「ぉご」て!「ぉご」って言うたやん今~!》

に「お大事に、また来年!」





と、無事に終えて帰宅しましたとさ( ・∇・)♪





ーーーーーーーーーー





いや~、それにしても………




凹むわぁ~( ´_ゝ`)(´・ω・`)

本当にシャレにならない客数。こっちに来れば来るほど赤字なのではないか。
そうなるともう来てくれなくなってしまうのではないか。

あ"ー!

ダメダメ。本当にもっと認知度上げてこんな小さいハコぐらい満員にしなきゃ!

やっぱもう一回バラエティーにでも出てお茶の間に親しみ易さをアピールすべきなのだろうか。

圧倒的な演奏力があり、華美さがあり、キャリアもある。


なんでだべか。( ´_ゝ`)


今後は自分自身も色々活動していく予定なので、不安まみれの淡い妄想が広がった1日でした。

来年は増えると良いなぁ~( ´_ゝ`)





という訳で!





今宵も最後までお読み頂き誠にボンジュール!(°▽°)!





今後もJupiterを注視しながら、新譜レビューやら色々更新して行きますので宜しくお願い致します(*・∀・*)ノ



マイペースに。









MC抜きのセトリを最後に(* ̄∇ ̄)ノ



1,The Birth of Venus
2,LAST MOMENT 
3,SACRED ALTAR
4,B.L.A.S.T
5,lolite
6,氷の中の少女
7,Red Carnation
8,Church Candle 
9,Rose Quartz 
10,Darkness 
11,絶望ラビリンス
12,Shining 
14,The History of Genesis

アンコール
15,TOPAZ
16,Symmetry Breaking
17,Blessing of the Future












アヂュー